指先の乾燥、皮が剥けたりひび割れになる対策は?…これだけ!?

暮らし

冬の季節、顔だけでなく身体のあちこち肌乾燥してくるものです。

 

その中でも日常的に誰でもよく使うのが「 手 」!

手、また指の先というのは様々なものに触れる部分です。

仕事上や家事などで水に触れていることが多かったり、石鹸や洗剤など使用している洗浄剤が体質に合っていない、血流の悪さ、そして冬場の乾燥。

 

主にこれらが指先の乾燥ひび割れや皮めくれなどの原因とされています。

指先がひび割れてしまうとなにかとモノを手に取るのにも痛みを伴い、

お風呂やトイレから出たあとの手洗いなど、痛みで水に触れることさえも

嫌になってしまいますよね。

 

もし指先が荒れひび割れや皮めくれなどの症状になった時、

多くの方はハンドクリームや薬用クリームなどを塗るなどの対処をする事でしょう。

 

それで間違いありません。

まずは、そうならない為にはどうすればいいのか!

という予防、対策について少しお話しましょう。

 

指先が乾燥してひび割れしてしまう人にはこれで解決!

さて、予防、対策についてです。

 

初めに言ったとおり、指先の乾燥というのは水に触れていることが多い、石鹸や洗剤などが肌に合わない、血行の悪さ、季節の乾燥です。

 

まず、水に触れていることが多いという方は手袋をつけるようにしましょう。原因となる水に長時間手が触れないようにすることがまず大事です。

 

また、冬場は寒いからとお湯を使いがちですが、お湯を使うと手の油分が落ちてしまい更に乾燥させてしまう原因にもなります。

水またはぬるま湯、そして水を触ったあとにはこまめにクリームをつけることを忘れずにしましょう。

洗剤も手の油分を奪ってしまうものなので、乾燥の原因になります。

手袋をする、また最近では手にやさしい洗剤なども発売されていますのでそれらを使用するのも良いでしょう。

 

 

そして、お風呂上がり!これにも注意が必要でしょう。

お風呂というのはお湯を使うものですが、先ほども言ったとおりお湯は油分を奪います。

お風呂上がりというのは水分が蒸発しやすく乾燥が早い!湿気の少ない冬場は特にそうです。

 

お風呂上がりには早めにしっかりと保湿できるクリームを塗る!

これがとても大事です。

 

血行の悪さもよくありません。代謝をあげる食べ物選び、適度な運動、腸内環境の改善をすることも大事です。

 

代謝をあげるなら生姜、唐辛子やネギ、腸の働きをよくするならばヨーグルト、納豆などを選んでみると良いです。

 

 

そして!乾燥対策でもっとも大事な薬、クリームに関してです。

塗るようにはしている。また塗っているのに!という方。

 

そのクリームをどのような時に塗っていますか?

次はそれについてお話しましょう。

スポンサーリンク

 

薬を塗るベストなタイミングは?

皆さんがクリームを塗っているタイミングというのはいつでしょうか?

適当にや、乾燥を感じた時にでは遅いのです!

 

水仕事終わり、洗濯モノを干した後、など水や物に触れたあとなどに塗るようにするのが良いでしょう。

 

水や物に触れることで、手の油分というのは奪われてしまいます。

油分の減りは乾燥の原因です。

 

 

そして、塗るにいいタイミングというのが就寝時。

 

就寝する前にクリームを塗り、手袋をはめましょう。

 

クリームを塗ったあとに手袋をすることによって手袋のなかで手が保湿され就寝中の乾燥を防ぐこともできるのです。

 

手袋に関しては、一度使ったものを再度使うのはオススメしません。

保湿できるとともに菌なども発生しやすく、使用後の手袋は捨てるか洗濯や洗浄をしてしっかり乾かしてから使うことが大事です。

 

まとめ

 

日常的に使う手です。

手荒れに痛みは嫌ですし、それで不便になるのも困りもの。

仕事で手を相手に見せることがある方などは綺麗な手であることも大事な身だしなみの一つ。

 

まずは、そうならないようにという対策をすること。

なった時には、保湿を怠らず手を大事にすること。

 

寒い冬、コタツに入ってこもりがちで運動量も少なくなり体を動かさなくなってしまうものですが、体を動かすように意識することや、偏りがちになっているかもしれない食事などの見直しなども大切な予防、対策です。

 

最近ではスマホのタッチ操作などで指先を擦ることが多く、指先にダメージを与えているのも原因の一つだとも言えましょう。

 

綺麗な手を保てるように、これからどんどん寒くなる冬へしっかりと対処していきましょう!

スポンサーリンク

コメント