松山城へ着いたら早速ロープウェイかリフト!営業時間、駐車場、料金について

旅行・お出かけ

標高132mの所にある愛媛県松山市の松山城

 

「もしかして徒歩で登るの?」と不安に思った方、大丈夫でよ。

ロープウェイとリフトがあって、一気に8合目まで

連れて行ってれます。

 

もちろん徒歩でも登ることができ、登り口は4箇所で

約20から30分となっています。

 

ロープウェイやリフトからは、四季折々に魅せる景色

松山市街地が見渡せるし、何よりも楽ですよね。

 

便利なロープウェイやリフトの料金や時間・駐車場など、

スポンサードリンク

またちょっとお得な情報までご紹介しますね。

松山城ロープウェイ・リフトの営業時間は?

松山城のロープウェイかリフトに乗るには、

ロープウェイ街にあるロープウェイ東雲口駅舎1階

チケットを自動販売機にて購入します。

 

ロープウェイ東雲口駅舎は、市内電車の伊予鉄道で

大街道(おおかいどう)駅下車

ロープウェイ街を徒歩約5分の所にあります。

 

チケットを購入したら、エスカレーターまたはエレベータで

3階に行きます。

 

3階の奥の方に乗り場があって、乗車定員47名のロープウェイは

10分間隔、リフトは乗員1名で随時運行です。

 

松山城ロープウェイの営業時間は、開始時間は

通年8時30分から、2月~7月と9月~11月は17時30分まで、

8月は18時00分まで、12月~1月は17時00分までになっています。

ロープウェイのみ、1月1日は6時00分から運行しています。

 

定休日はなしで、毎日運行しているのは嬉しいですね。

リフトは、通年8時30分から17時までです。

 

松山天守に行きたい方は、要チェック!

松山天守への入場は営業終了時間の30分前まで

になっているので、

営業終了時間の50分前までのロープウェイに乗ってくださいね。

ちなみに天守の営業時間は、開始時間は通年9時00分から、

2月~7月と9月~11月は17時00分まで、

8月は17時30分まで、

12月~1月は16時30分までになっています。

 

スポンサードリンク

 

地元民がコソッと教える、松山城ロープウェイの近隣おすすめ駐車場

観光地である松山城は、年中通して人気があり

多くの観光客で賑わいます。

 

また地元の人も、散歩やデートスポットとして

よく利用しているほど、

地元でも愛されている場所の一つなんですよ。

 

街の中にある松山城は、専用の駐車場が少なく

また台数も限られています。

 

でも大丈夫!地元民がコソッと、松山城ロープウェイ近隣で

おすすめ駐車場を教えちゃいます!

 

ロープウェイ東雲口駅舎の徒歩3分と一番近い駐車場は、

フラワーパーキングお城下です。

 

土日祝日の昼間で15分50円ですが、なんといっても

立地条件がいいうえに、かなりの台数が駐車できます。

 

そして安くて人気なのが、

松山東雲学園100周年記念館前コインパーキングですね!

1日1,000円という激安ですが、駐車場スペースが

4台しかないので激戦です。

 

そして、もっともロープウェイ東雲口駅舎に近い徒歩2分の

喜与町(きよちょう)駐車場です。

料金は2時間410円、あとは30分ごとに100円ですが、

駐車場スペースが25台です。

他にもロープウェイ東雲口駅舎近隣には、駐車場がありますので

下記でチェックしてくださいね。

※駐車場料金は、2017年9月情報です。必ず最新情報をチェックしてくださいね。

松山城ホームページ

 

松山城ロープウェイとリフトの料金は?割引券ってあるの?

松山城ロープウェイとリフトの料金を知りたいですよね。

それに、もし割引券があったら嬉しいですよね。

ロープウェイとリフトの料金は同じです。

チケットは

往復券で大人510円・小学生130円、

片道券で大人270円・小学生130円

となっています。

往復の方が少しお得ですね!

 

小学生未満のお子さんに関しては、

大人1名につき2名まで無料。

 

でもリフトは1人乗り用なので、

小学生未満のお子さまは乗ることができないので、

ロープウェイを利用しましょう。

 

リフト下は、防護ネットが張られているので安心!

上りは少しだけ松山城天守が見えるし、

降りは松山市内の街が見られて、

空中ブランコのプチ旅が楽しめますよ。

ロープウェイは、

山麓駅「東雲口」(しののめぐち)~山頂駅「長者ヶ平」(ちょうじゃがなる)

まで約3分

 

リフトで、約6分になっています。

 

ロープウェイ山頂の長者ヶ平から松山城天守までは、

徒歩で約10分です。

 

松山城天守を観覧する方は「総合券」がおすすめです!

松山城天守を観覧する料金は、

大人510円・小学生150円です。

 

ロープウェイ・リフトの往復券と

天守観覧券がセットになった「総合券」があって、

大人1,020円・小学生410円で販売されています。

 

そしてお得な割引券情報

松山城観覧と坊っちゃん列車で利用できる

「松山城らくトクセット券」があります。

 

・市内を走るレトロな列車の坊っちゃん列車(1乗車)と、

・松山城ロープウェイ・リフト(1往復)

・松山城天守観覧(1回)

・二之丸史跡庭園入園(1回)

がついて、なんと大人1,700円・子ども740円です。

そして、人気高いいよてつ髙島屋大観覧車「くるりん」の

通常ゴンドラに無料(1回)で乗ることができるという嬉しさ!

 

発売当日を含めて2日間限り有効で、発売箇所は、

・松山市駅チケットセンター
・古町駅(セブンイレブンいよてつ古町駅店)
・伊予鉄トラベル 大街道営業所
・道後温泉駅チケットカウンター
・坊っちゃん列車乗務員
・松山市観光案内所(JR松山駅内)

で購入できます。

詳しくはこちらをチェック!

※ロープウェイやリフトの料金は2017年9月情報ですので、

最新情報を必ずチェックしてくださいね。

 

文学の街!ロープウェイの案内者マドンナに会える!

文学の街である松山市は、

夏目漱石の小説『坊っちゃん』の舞台でもあり、

坊っちゃんと名のつくものが多くあります。

 

その小説に出てくるマドンナ。

ロープウェイの案内者は、かわいいマドンナに扮したお姉さんです!

 

もちろん一緒にロープウェイに乗って、

松山城や松山市の観光スポットについて案内してくれます。

文学の街と言われる松山市から、もう一つの情報!

 

ロープウェイの乗り物の底を見てくださいね。

 

何か書いているのが見えると思います。

文学の街・松山市では、形にない「ことば」を大切にしていて、

街のあちこちに「ことばのちから」をキーワードにした

ことばの作品があります。

 

ロープウェイの乗り物の底にも、

リフトの防護ネットの上にも見つけられますよ。

 

ぜひ、ことばのちからを感じてくださいね。

ロープウェイで約3分、リフトで約6分、

松山の空中プチ旅を楽んで

松山城に家族で遊びに行きましょう!

スポンサードリンク

コメント