松山城から初日の出が見える絶景スポットは?ロープウェイ情報を紹介

旅行・お出かけ

もういくつ寝ると、お正月~♪

クリスマスが終わると、一気にお正月モードになりますよね。

となると、気になるのが、初日の出!

今年は、誰と行こうかな~。

友達にしようか。いやいや、彼・彼女と行こうかな~。

なんて、心がワクワクしてきますよね。

そんな方におすすめ!

愛媛県松山市で、一番最初に初日の出が見られる場所は、

松山城なんです!

日本100名城にも選ばれ、松山市民にも親しまれているお城で

若い人にも人気のデートスポットにもなっているんですよ。

スポンサードリンク

 

松山城の初日の出が見えるおすすめ絶景スポットは?

さて、松山城の初日の出を見に行こう!

と決まったら、おすすすめ絶景スポットですよね。

 

松山城の初日の出の絶景スポットは、

筒井門付近や太鼓門付近になります。

 

本丸広場の南側入口になる戸無門をくぐった先にあるのが、

筒井門で松山城で一番大きな門です。

 

そして、筒井門から本丸南腰郭に入ってくる

敵に備える太鼓門があります。

 

この門の周辺は広場になっていて、

初日の出の時間帯は多くの人がその瞬間を

今かと心待ちにしています。

 

松山城の初日の出の時間や混雑状況は?

松山市で一番最初に初日の出を見られる時間は!?

もちろんその年によって数分の違いがありますが、

例年7時10分~15分ごろまでの間となっています。

 

2018年の元旦、日の出の時刻は7時13分と予想されていますが、

最新情報を必ずチェックしてくださいね

 

そして気になる混雑状況は?

松山市で一番最初に初日の出を見られることもあって、

初日の出を一目見ようと多くの人が訪れます。

 

ロープウェイは行列ができて、

時間によっては徒歩で登った方が早いほど。

 

初日の出の時刻に間に合うように

早めに動いた方が、ゆっくり登城できるし、

最前列をゲットできますよ。

 

スポンサードリンク

 

松山城の初日の出当日のロープウェイの運行や料金は?

松山城の初日の出当日は、

ロープウェイを早朝6時から特別運行しています。

 

リフトは通常通りの8時30分からの運行になるので、

初日の出を見ようと思ったらロープウェイのみなので

行列となってしまいます。

 

ロープウェイのチケットは、

ロープウェイ街にあるロープウェイ東雲口駅舎1階に、

自動販売機があるのでチケットを購入します。

 

チケットは往復券で大人510円、

片道券で大人270円となっているので、

往復の方が少しお得ですね。

 

また松山城天守を観覧するには料金が510円で、

ロープウェイの往復券と天守観覧券がセットになった

総合券が大人1,020円で販売されています。

 

ロープウェイは、山麓駅「東雲口」(しののめぐち)

~山頂駅「長者ヶ平」(ちょうじゃがなる)まで約3分

 

長者ヶ平から、初日の出のおすすめスポットである

筒井門付近や太鼓門付近までは約徒歩5分です。

 

※料金は2017年9月情報ですので、

最新情報を必ずチェックしてくださいね。

松山城の公式ホームページ

 

初日の出を見に来たら、お正月イベントで楽しもう!

松山城では、お正月イベントが毎年あります。

 

6時から行われる「若水汲み」は、

本丸井戸から元旦の朝に汲む水で、その年の邪気を祓い

一年の無事を約束してくれるお水です。

 

煮炊きした物を神仏に供え、

それを「おさがり」として家族も頂くという

風習が日本にはありますよね。

 

その水で口をすすぎ、手水をして初日の出を拝むと、

さらにいい年になるかもしれませんよ。

面白い情報を一つ、

一ノ門前で行われる鏡開きの樽の中味は、

お酒ではなくポンジュースなんです!

愛媛らしいでしょ。

他にも、獅子舞の披露や新春初太鼓の演奏

子どものころ遊んだ羽根つきやこま回しなどが

本丸広場であります。

 

松山城のお正月イベントは3日間行われ、

松山検番による新春お城の舞など、

なかなか見ることができない催しも!

 

イベントの内容は変更や中止になることもあるので、

詳しくは松山城総合事務所まで問い合わせてくださいね。

 

標高132mの松山城で年の初めを祝う

城下町とも言われる愛媛県松山市。

 

街の真ん中に松山城があり、

ほぼどの位置からも山頂にそびえる

美しい城を見ることができます。

 

その松山城で、年の最初の日の出を

見ることができるって素敵でしょう。

 

ぜひ、お友達やカップルなどで

その素晴らしい初日の出を見てくださいね。

 

松山城公式サイトで、松山城のことを知ろう!

 

スポンサードリンク

コメント