結婚式の余興にぴったり!?初心者にも簡単なダンスと歌はこれ!

結婚式

友人の結婚式など、スピーチや歌をお願いされることも多いでしょう。

一緒に部活をがんばってきた親友やいつも楽しく過ごしてきた仲の良い友人なら

なおさら、結婚式では祝福の気持ちをこめて盛り上げたいですね。

そこで、はじめての方でも大丈夫!

結婚式で盛り上がるダンスや歌なども含めて、余興について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

結婚式の余興!簡単にできる演出とは!?

結婚式の余興をお願いされたら、どう演出すればよいか悩んでしまいますね。

同じ余興をするなら、盛り上げていいものにしたいですね。

そこで、簡単にできる演出方法を紹介したいと思います。

 

  • 特技型余興

余興をお願いされた方に、特技があるのであれば、それを披露するのも

いいですね。

 

楽器演奏
ピアノ、バイオリン、フルートなど

 

・バルーンアート

出席する友人と一緒にするのであれば、事前の練習なども

必要になりますが、比較的結婚式にふさわしいテーマや曲を

選びやすいですね。

楽器など持ち込む際は、事前に会場側との打ち合わせも必要ですので、

確認してくださいね。

 

事前に大がかりな準備が必要ないので、余興としては定番です。

結婚式は、親戚を含め、幅広い年代層の方が出席していますので、

招待ゲストがよく知っている曲を選曲することをおすすめします。

他には、新郎新婦へのお祝いメッセージを盛り込んだ替え歌にしたりするのも

盛り上がっていいですよ。

 

  • ゲスト参加型余興

このタイプの余興は、余興を進行する司会の技量が問われる部分も大きいですが、
会場のみんなが参加できるので、盛り上がりますね。下記にお勧めのゲームをご紹介。

 

  • 新婦をさがせ!ゲーム
    新婦を含めた数人の女性に参加してもらい、新郎には目隠しをした状態で
    手を握ってもらい、新婦の手は何番かを当てるゲーム。
    新郎には、面白い目隠しをしてもらうのも楽しいですし、
    もし万が一、新婦を当てられなくても、
    「今度は間違えずに、この手を離さないでくださいね。」

とまとめればいいですし、

正解した場合も、「さすが、最愛の新婦の手は、これからも離さないでくださいね。」

とまとめることができ、悩んでいる新郎を見ているのもおもしろいですよ!

スポンサードリンク

 

結婚式の余興でダンスしたい!女の子に人気の曲は?

最近、余興で行われるようになったダンスですが、こちらも楽しいですね。

余興にむけての事前の打ち合わせや練習は、友人や同僚などと時間を合わせるのは

なかなか大変なことですが、うまくいけば盛り上がること間違いなしですね。

女子に人気のダンス曲を紹介します。

 

恋するフォーチュンクッキー

国民的アイドルともいえるAKB48の代表曲ですね。
振り付けも比較的簡単で、YouTubeなどでも振り付けレッスンムービーも多く
アップされてるので、各自で練習して、そして何度か集まって、
合わせましょう。

 

・Follow Me

女性ダンスグループとしても、人気の高いE-girlsの曲です。
こちらは、だれでもできるダンスではないかもしれませんが、
衣装をそろえたりすると、よりいっそう盛り上がること間違いなしです。
こちらも、振り付け動画やミラー動画も多くアップさせてるので、
参考にしてみてください。

 
 

・Shake it off
テーラー・スイフトの曲ですが、某CMで耳にしたことがある方も

多いので、盛り上がりますよ。

振り付けも比較的覚えやすいのも挑戦しやすいかもしれませんね。

ダンスは、なかなかハードルが高いようにも思いますが、

新郎新婦を祝福する気持ちと、会場を盛り上げたい気持ちを一番に

まずは、はずかしがらずに全力で踊ることが大事ですね。

 

結婚式の余興での定番の歌!ウェディングソング一覧

結婚式で一番多いのが、歌での祝福ですね。

そんな定番のウェディングソングを紹介したいと思います。

 

愛をこめて花束を -Superfly-

新郎新婦への祝福の気持ちが伝わる歌です。

サビの部分で本当に花を贈るのもいいかもしれませんね。

 

Butterfly -木村カエラ-

結婚する友人に贈るために作られた曲なので、結婚式にはぴったりの曲ですね。

女性グループで歌うのもいいですよ。

 

ハナミズキ -一青窈-

「君と好きな人が100年続きますように」の歌詞は、まさに結婚式に

ふさわしい言葉です。会場がしっとりした雰囲気になります。

 

まとめ

 

結婚式の余興について紹介しましたが、参考になりましたか?

なんといっても結婚式での余興ですので、内輪だけで盛り上がって、

まわりがドン引きしてしまうようなことはさけましょう。

何より大切なのは、幸せな新郎新婦が喜んでくれるような余興にすることです。

がんばりましょう!

スポンサードリンク

コメント