結婚式にお呼ばれ!ドレス選び方や40代の女性のおすすめドレスは?

結婚式

久しぶりのお呼ばれ、ともなると、

悩むのがドレス・・・

20代30代の頃に買ったドレスでは、

ちょっとしっくりこない、という方、

多いのではないでしょうか。

また、20、30代の頃とは違い、

親族関係や仕事関係からの招待も増えるので、

ニュアンスも変わってきますよね。

今回は、40代のドレス選びについて

お話していきましょう!

 

結婚式にお呼ばれされたときのドレス選びの注意点とは?

ドレスを選ぶ女性

まずは、基本のマナーをおさらいしておきましょう。

 

  • 「白」は花嫁の色。全身「白」のコーディネートはNG。

ただし、羽織ものや小物を濃い色にするなら

OKと言われています。

個人的には、白や限りなく白に近いベージュなどは、

避けた方が無難かと思います。

 

  • 無難に思えますが、全身黒のコーディネートはNGです。

 小物で色を足して華やかさを出しましょう。

 

  • 毛皮や革製品は、殺生をイメージさせるのでNG。

 

  • 膝が見えるミニ丈、肩出しはNG。

 

 ノースリーブでも、必ず羽織りものを。

 

  • 靴は、つま先の隠れるパンプスが基本。

スニーカーはもちろん、ミュールやブーツなどはNG。

 動物柄や革製品も避けましょう。

 

 

結婚式にお呼ばれされたときの40代が選ぶ際のポイントとは?

ドレスを着た女性

年齢に合った落ち着いた雰囲気を出すために、

紺・パープル系やブルー・グリーン系

などがおススメ。

 

は無難に思えますが、

デザインやアクセサリーをうまく選ばないと、

地味になりすぎてしまいます。

黒を選ぶなら、上品な柄や刺繍が入ったもの

良いのではないでしょうか。

 

ファッションセンスに自信がある方なら、

あえて、パンツスーツやコンビネゾン

を選ぶのもおススメ。

大人の女性ならではのクールな華やかさで、

魅力的だと思いますよ。

 

ただし、パンツスーツは、

オフィス仕様っぽくなってしまわないように

気をつけて!

 

レースやドレッシーなアクセサリーなどで、

女性らしいポイントを効かせたり、

で柔らかさをだすなど工夫して、

華やかさを出しましょう。

 

また、若い女性だと浮いてしまう事が多いロングドレスも、

大人なら素敵に着こなせます。

シックな色合いでやわらかい素材のものを選べば、

派手すぎずに女性らしい品のある装いになりますよ。

 

目立ちすぎたり、重たく見えたりしないよう、

は長すぎず、足首が見えるぐらいのもの

を選ぶとバランス良く見えますよ。

 

40代女性はどのような小物を持てばオシャレに見える?

 Bridal & Celebratory occasions

おしゃれなコーディネートに必要なポイントは、

ズバリ「色の使い方」です。

色味が少ないと、地味になりすぎてしまうし、

多いとごちゃごちゃしてまとまりがなくなってしまいますよね。

 

バッグや靴、アクセサリーなどは、

無難にベーシックなものを選んでしまいがちですが、

少し冒険をしてみましょう。

 

は定番でも、「素材やデザインにポイント」があるものだったり、

逆に、はベーシックでも「流行りの色や柄」に挑戦してみる、

など、地味にまとまりすぎないように心がけてみてください。

ただし、上品である事は絶対条件です。

 

極端にチープすぎたり悪目立ちしそうなもの

は避けましょう。

 

アクセサリーを選ぶときは、いったん全部付けてから、

全体のバランスを見ながら余計なものをはずしていく

という方法がおススメです。

 

ドレスがシンプルな時は、大振りなアクセサリー

が映えます。

 

これも、若い子には難しいコーディネート。

大人なら、品よく見せる事ができ、

なおかつ華やかに見えるので便利ですよ。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ポイントを押さえれば、

若いころには出来なかった

新しいコーディネートに出会えるハズです。

是非、品良く素敵なオトナの女性を

演出してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

コメント