暮らし

ペットボトルのリサイクルって無駄なの!?メリット・デメリットは?

投稿日:2018年4月14日 更新日:

何年か前に、「ペットボトルのリサイクルは無駄である」という

説を唱えた評論家がいました。

今までの概念を覆されるようで、ドキッとした記憶があります。

この意見を巡って、賛否両論、メディアに持ちあげられるままに

さまざまな論争が巻き起こりましたが、

現在に至るまでリサイクル活動の根は途絶えることはありません。

スーパーにも、専用のペットボトル回収機が置いてありますよね。

スポンサードリンク

リサイクルの方法は主に2種類あります。

リサイクルには元の物体によってさまざまな方法がありますが、

ペットボトルの場合は、「カスケードリサイクル」「水平リサイクル」の

2つのリサイクル方法があります。

「カスケードリサイクル」は、回収したペットボトルを

細かく砕いてフレーク状の原料にして、ペットボトル以外の

樹脂製品をつくる方法です。

 

「水平リサイクル」は、別名「ボトルtoボトル」と呼ばれ、

回収したペットボトルを原料(樹脂)に戻して再びペットボトルをつくる方法。

水平リサイクルでは、初期につくられたペットボトルと同様の

透明できれいなペットボトルが出来上がります。

 

まだ完全とは言えないでしょうが、技術の進化とともに、

ペットボトルのリサイクルは今や当たり前のことで、欠くことはできない活動でしょう。

 

ペットボトルのリサイクルのメリットって知ってます?

ご存知かもしれませんが、環境リサイクルには「3つのR」があります。

 

【知っておきたい環境を守る3R】

①リサイクル(Recycle)

…使い終おわったものを資源に戻して製品に戻すこと

②リユース(Reuse)

…一度使って使用済みになっても、ゴミにしないで何度でも使うこと

③リデュース(Reduce)

…むだなゴミの量をできるだけ減らすこと

 

この3つの中で、リユースとリデュースは、

さかのぼれば江戸時代から生活の中に取り入れられてきました。

 

生活が便利になって化学や技術の進歩とともに、

これまで負荷を掛けてきた環境を取り戻すべく、

その科学的技術をリサイクルに役立てているのです。

 

ペットボトルリサイクルのメリット

  • ゴミの減量化につながって、

ゴミの埋め立て地を長く使うことができる

  • ゴミ焼却の際に発生する二酸化炭素(CO2)を減少させる
  • リサイクルによって減量を再生するため、

製品の原料として使われる新たな資源を節約することができる

  • 環境問題に敏感になる意識づけができる
  • 会社ぐるみでリサイクルに取り組めば

企業のイメージアップにつながる

 

【数字で見るリサイクルの効果】

ペットボトル1kg(500ミリリットル×33本)をリサイクルすると…

◇原油に換算すると、1リットルのエネルギー使用量を削減できます

◇3.6kgの二酸化炭素が削減できます

 

【ペットボトルリサイクルから生まれる製品】

ペットボトルの原料は、ポリエチレンテレフタレート(PET)という樹脂で、

化学会社では安全な原料を再生できる技術を確立し、

ペットボトルの他にあらゆる製品の素材に生まれ変わっています。

 

★食品用トレイ

★IDカード

★下敷き

★粘着ラベル

★バスの座席シート

★フロアーマット

★スクールバッグ

★スーツやネクタイなど洋服の繊維

★不織布  ・・・など

 

スポンサードリンク

ペットボトルのリサイクルのデメリットって知ってます?

ここまで、リサイクルの良い部分を紹介してきましたが、

実際にデメリットがあるのも事実です。

 

【ペットボトルリサイクルのデメリット】

 

■コスト・手間がかかりすぎる

…リサイクル技術を確立しているものの、

資源に戻すまでにはコストと手間がかかります。

特に、回収したペットボトルをリサイクル工場に運ぶ物流コストに

お金が掛かります。

運搬するための人件費・トラックのガソリン、

またリサイクル工場のエネルギー源となる燃料コストも掛かります。

 

■加工するのにも資源を消費する

…資源に戻す際に、使用するのは

石油などのエネルギー資源のため、

結局再利用にも資源を消費してしまう、という

ことになります。

 

以上のデメリットから、「リサイクルは良いこと」という

前提に立っていながらも、問題点として挙げざるを得ないことも

また事実です。

 

しかし、リサイクルするということは、

一度使っただけでお払い箱にしないで再利用する…つまり

物を大切にする、という気持ちが育ちます。

 

リサイクルはもちろんですが、前述した、

リユースとリデュースすることも心掛けて

無駄な消費を減らして、ゴミを減らす努力をしたいものですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エコ、環境問題は、何が正しくて何が間違いなのか、100%の答えはまだ出ていませんし、

これからもさまざまな面で折り合いをつけながら

取り組んでいくことになるでしょう。

でも、「取り組む」ということが大事なのです。

「ペットボトルはリサイクルに回す」――これはマストです。

それに加えて、リサイクルに回す前にペットボトルを

植木鉢などの容器にリユースしたり、

水筒を持ち歩いてゴミを出さないようなリデュースも心掛ければ良いのではないでしょうか。

千里の道も一歩から。

環境を守るためにも、地道に、コツコツとやっていきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-暮らし

                         

関連記事

子どもを学童に入れるのはかわいそうと思われてる? ワークママ必見!

働くお母さんや共働きの夫婦にとって、我が子が保育園を終えて小学校に入学するのは、 喜ばしいことと同時に、放課後の過ごし方について考えなければならないことが多いですよね。 放課後の子どもたちの行き場の最 …

5キロの洗濯機で毛布は洗えるのか!?どれぐらいの量が洗える?

洗濯物って気がつくと、どんどん溜まりますよね。 我が家には保育園に通っている4歳男児がいるため、 あちゃ〜と言いたくなる洗濯物をよく作ってきてくれます。 洗わなきゃいけない量によるので、 洗濯するペー …

ぐっすり寝たい人へ!ベッド用マットレスを床に直接置いても使えるの?

ベッドを買わず、 マットレスだけを床に置いて 寝ることができるのか 疑問に思っている人は多いですよね。 そんな時に覚えておきたい マットレスの正しい使用方法や、 床に直接置くときのデメリット などをご …

冷え性で手が痺れる。自分で出来る対策と改善方法をご紹介!

寒くなると手が冷え性で冷たーくなるそこのあなた。手の感覚がなくなることも多いのでは? 冷え性は本当に厄介です。お風呂に入ってポカポカになっても布団に入る頃には冷たくなっています。 手が冷たすぎてなかな …

 洗濯機は7キロから布団や毛布が洗える?うまく洗えるコツは?

一日の疲れを癒してくれるお布団や毛布。 ふっかふかの布団に入ったときの、あの幸福感はたまりません。 しかし、毎日使うからこそ、汗や皮脂のにおい、汚れが気になります。 布団カバーやシーツは定期的に洗って …