携帯を水没させたら絶対絶命!?ガラケーを助ける方法はこれしかない!?

暮らし

携帯をいじっていたら、洗濯機の様子が気になったので

取り敢えず胸ポケットの中へ携帯をしまいます。

洗濯機の蓋を開けて、身を乗り出して覗き込みます。

ポケットからこぼれ落ちた携帯がまだ水の張っていた洗濯機の中へドボン。

まぁこれは私の実体験なんですが、携帯が水没した時のショックって

普段無くてはならない存在になっている分大きいです。

自力でなんとかする目標としては乾燥させること! これです。

頼れる道具としては、乾燥剤でしょう。

表面にある水をタオルで丁寧に拭き取った後、

乾燥剤と一緒に携帯を密閉した容器に入れておきましょう。

 

スポンサードリンク

携帯が水没したら冷蔵庫に入れて復活する話はほんと? 他にできることは?

冷蔵庫に入れると復旧するなんて、嘘みたいな話だと思いますが

仕組みを調べると納得できる部分もあるような気がしてきます。

 

冷蔵庫がどうやって冷やすのかというと

中に入れられた物の水分を奪って気体にした時に出る気化熱を利用して冷やしています。

つまり水没したことにより大量に水を含んでしまった携帯の水分を

冷蔵庫に取ってもらうというわけですね。

 

実際にやってみようとするなら、海苔の缶なんかに入っている

乾燥剤を一緒に入れて、ジップロックで携帯と一緒に入れてあげると良いようです。

入れておく時間の目安としては、最低でも1日は入れっぱなしにしておくべきでしょう。

 

また入れる前に、他の方法である程度携帯を乾燥させておくことも重要です。

準備としてこのようなことができます。

 

○SDカードやSIMカード、バッテリーパックなど、抜き取れるものは全て抜き取る

これをしていないと、せっかく冷蔵庫で乾燥させて

本体が問題なくなったとしても、肝心のデータがやられてしまいます。

 

○見える範囲の水をタオルなどで拭き取っておく

少しでも早く乾燥させて復活させたいなら、これはやっておくべきです。

少し本体を振れば次から次へと水が出てくるので意外とすぐには終わらない作業です。

 

○ドライヤーで乾かす

手っ取り早く水を吹き飛ばしてやろうと、温風で一気にやろうと思うのは

できなくはないですがとても難しいです。

というのも機械は熱に弱く

まして水没してデリケートになっているので一気にやろうとすると

外側は平気でも中の回路が故障してしまうからです。

 

余程の自信が無い限りこの方法はおすすめできませんが

自信があるのならやってみてもいいのではないでしょうか。

 

ただこの方法でも必ず復活するとは限りませんので

「直ったらいいな」程度に考えておく方が良いでしょう。

 

スポンサードリンク

携帯が水没した後に他の携帯にデータを移し替えることはできる?

 

ガラケーの場合ですとパソコンに取ってあったバックアップがあるから

安心……とはなかなかならないのが厳しいところです。

 

ただデータはSDカードやSIMカードに入っているため

水没した後すぐ拾って素早く抜いてあげればまだ可能性があります。

 

きちんとデータが残っているか早急に確認したい気持ちになりますが

水没した携帯でそのまま電源を入れてしまうのはむしろ悪手です。

データの確認をしたいのなら、代わりの携帯で行うのが一番安全でしょう。

 

とはいえ、携帯が水没した時に「一番にやるべきこと」というのは

「データの復旧を7割程度諦める」ことなので、残念ながら高望みしては

いけません。

 

携帯電話各社でも、データ復旧サービスは行っていますが

復旧できる内容は電話帳程度にとどまっていることからも明らかでしょう。

 

普段からできる方法としては、予備のSDカードにデータをあらかじめ

バックアップしておくことでしょうか。

 

やってはいけないこととは?

復活させたいと思うのならやってはいけないことも把握しておくべきです。

一番やってはいけないことは、水から回収した後すぐに電源を入れることです。

電源が無事に入るとほっとすると思いますが、実は電気が通ることで

ショートして壊れてしまう危険がかなり大きいです。

 

水は電気を通すので、水没したとこにより本来電気が通らない場所にまで

電気が来てしまうからです。

 

他にやっていけないことはやたらめったら携帯を振って水を外に出そうとすることでしょう。

 

一方向に軽くトントンとする程度なら問題ないのですが

激しく上下左右に振ることで、内部の水が隅々まで行き渡ってしまう恐れがあります。

こうなってしまっては乾かそうにも時間がかかるようになってしまうため

復活の可能性は低くなってしまうでしょう。

 

まとめ

携帯は精密機器ですから、水に弱いのは当然といえば当然です。

携帯本体としてではなく、バッテリーやSDカードなど

複数のパーツから構成されている機械だと考えれば

復活させようと思った時にどこかは無事なのではと期待が持てるので

いくらか気持ちが楽になるのではないでしょうか。

しかし心構えとして、基本的には復活できないものと思っていた方が良いでしょう。

せっかく乾かした後試してみても復活しなかったら悲しいですが

そこは仕方ないと割り切るしかありません。

スポンサードリンク