花粉症の肌荒れで唇がガサガサに!自宅で簡単にできる対策法とは?

花粉症

厳しい寒さが和らぐ季節になると、そろそろあの時期に・・・。そう、花粉症の季節到来です。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、目のかゆみなど、個人差はありますが、

うんざりしてしまう症状ばかりです。

その中でも、特に女性にとって気になるのは肌荒れではないでしょうか。

化粧ノリも悪くなり、毎日のメイクも億劫になってしまいますよね。

私自身、花粉症なうえに、元々肌が弱いので、肌の状態がひどい日にはメイクも出来ず、

大変困っていました。

花粉症の季節だけの辛抱だから、とただ耐える必要はありません。

簡単に実践できる対策法をご紹介していきます。

スポンサードリンク

花粉症の肌荒れで唇がガサガサになる原因は?乾燥のせいだけじゃない?

そもそもなぜ花粉症で肌荒れが起こってしまうのでしょうか。その原因を探っていきましょう。

乾燥はもちろん大きな原因の一つですが、ニュースでよく耳にする、

PM2,5や黄砂も関係しています。とくにPM2.5はスギ花粉よりも粒子が細かく、

肌の奥まで入りこみ、肌荒れを引き起こします。そしてこれらが飛散しやすい時期は2月~4月と、

ちょうど花粉症に悩ませられる時期にかぶっているのです。

 

また、花粉症の方にとって手放せないのがマスク。そのマスクも肌荒れの原因となってしまいます。

一日中、顔をマスクで覆っていると、どうしても肌がこすれてしまい、

唇がガサガサになったり、かゆみや粉吹きを引き起こしてしまいます。

 

そして、花粉症になると、我慢できないほど目がかゆいせいで、頻繁にこすってしまったり、

鼻水が止まらず、逐一ティッシュでぬぐったりと、肌には負担をかけてしまう動作が多くなります。

スポンサードリンク

花粉症の肌荒れにも負けない!自宅で簡単に出来る唇をプルプルにする対策法は?

原因は判明しましたが、では、私たちにできる対策とはどのようなものでしょうか。

まず、肌のためにできる一番簡単なことは、触らないことです。肌が荒れていると、

ついつい気になって触ってしまいますが、

肌のためには刺激を与えないことが重要になってきます。

 

メイク落としも肌に負担をかけてしまいますので、クレンジングの際、

あまり肌を摩擦しないで済むように、いつもよりアイメイクやベースメイクを軽めにするなど、

工夫すると良いでしょう。

 

また、付着した花粉を落とすことも大切なことです。帰宅後、うがいや洗顔することで、

家の中に花粉を持ち込まないよう、防ぐことが出来ます。

 

ガサガザした唇には、ついリップクリームを塗りたくってしまいたくなりますが、

メンソレータムなどのスースーするタイプは弱った唇には刺激が強すぎるので控えた方が良いでしょう。

 

そこで、オススメは白色ワセリンです。

 

ワセリンはもともと保湿剤として使われているもので、

皮膚から吸収される成分でないため副作用も少ないという特徴を持っています。

実際、肌が弱い私にも合っていたようで、塗ってもピリピリした感じはありませんでした。

保湿力が高く、何度も塗りなおす必要も感じず、長時間、唇を乾燥から守ってくれました。

 

もちろん唇だけでなく、顔にも塗ることができます。普段使っている化粧水と乳液が、

花粉症の時期、顔にしみてしまい、全く使えなくなってしまっていた私にとって、

とてもありがたいスキンケアアイテムとなりました。

 

ただ、気をつける点としては塗りすぎないということです。

厚く塗ってしまうとベタベタしすぎてしまいますので、

少量を、薄く塗るようにするのがポイントです。

 

チューブタイプの少量で販売している商品もありますので、

一度試してみる価値はありますよ。

 

まとめ

花粉症の時期の悩みと原因、そして対策についてご紹介していきました。

毎年やってくるものなので、しっかり対策して快適に過ごせるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメント