花粉症で肌荒れがあごにまで…対策法はある?マスクが原因かも!?

花粉症

冬から春にかけて、外に出るとマスクを着けている人をよく見かけるようになりますね。

国民病ともいえる花粉症は、特効薬もなく、地道な対策しか手段がない、

つらい上に面倒くさい症状でもあります。

マスクは花粉症対策としては有効ですが、思わぬトラブルも起こしてしまいます。

マスクを長時間つけ続けていると、マスクが覆っている口の周りのお肌が荒れてくるんですよね。

花粉症でくしゃみが出て、職場の人たちに迷惑がかかるからマスクをしなければいけないし、

マスクを付け続けていると肌が荒れるし・・・

花粉症が治まるまでがまんですが、もうちょっと楽に生活したいですよね

花粉症で肌荒れがアゴにまで!長時間マスクすると肌が荒れる原因とは?

マスクは、外からくるウイルスや細菌が口の中に入ってくるのを防ぎ、

口の中の乾燥から守る役割を果たしてくれます。

 

花粉症の原因である花粉も、口や鼻の中に入るのを防いでくれますので、

使わない手はないですよね。

けれど、マスクは口の中を守る役目なので、お肌のことについてはどうしても負担がかかる形になっています。

 

マスクをすると、吐く息に含まれている湿気がそのままマスク内にこもってしまいます。

口の中は乾燥しませんが、口の周りは普通の状態と比べて、湿度が高い状態になってしまいます。

お肌には、もとから雑菌がいます。

 

雑菌は暖かくて湿度が高い環境を好みますので、マスクをするとこの条件が整ってしまう訳です。

雑菌が活発に活動して、お肌に刺激を与えているのですね。

また、しゃべったりせきをしたり、何か口を動かすだけで、布とお肌がこすりあうことになります。

 

1度だけならいいですが、長時間何度も繰り返すと、お肌にたくさんの傷がついてしまいます。

体に合わないブラジャーをつけると、合わない部分がお肌とすれて、

赤くなったりかゆくなったりしますよね。

 

マスクもこれと同じようなことが起きているのです。

スポンサーリンク

 

花粉症で長時間マスクを着用しても肌荒れしない対策とは?

最近では、目的に応じたマスクが数多く売られています。

マスクをしてお肌が荒れる方は、通気性の良いものをまず買いましょう。

通気性がいいということは、湿気も外に出しやすい、ということになります。

 

また、マスクを固定している部分が擦れてお肌が荒れる人は、当たる部分にやわらかい布や、

ウェットシートなどを挟んでみてください。

 

また、毎日のお肌のお手入れも変えてみましょう。

お肌に負担がかかっている状態で、普段と同じものを使うと、

化粧品自体が刺激物となってしまうことがあります。

 

マスクがかかってしまう部分のお手入れは、「低刺激」の化粧品を使いましょう。

敏感肌用の化粧品が売られていますので、ぜひ利用してみてください。

「敏感肌用の化粧品は高い!」という方は、

赤ちゃん用のスキンケア商品を使ってみるのも手ですよ。

 

また、お手入れの時、化粧水、乳液、クリーム・・と何度もお肌をこすることも、

お肌にとって負担になります。

 

オールインワンの化粧品で、肌をこする回数を減らしてみましょう。

もちろんメイクも同様です。

 

いつものファンデーションを替えて、低刺激の下地とミネラルファンデーションだけにする、

など工夫しましょう。

 

マスクを長時間つけなければいけないときは、途中で一度マスクを外して、

湿気を取ることを忘れないでくださいね。

できれば、マスクは午前、午後と2回は換えてくださいね。

 

まとめ

マスクをつけることで肌が荒れるお話をしましたが、まれにマスクをしていない部分でも肌荒れが起きることがあります。

「花粉皮膚炎」といって、花粉が肌に着くだけで肌が荒れてしまいます。

 

また、花粉が飛び散る春先は、健康なお肌でも荒れやすい時期です。

お肌が荒れてなかなか治らない、という場合は、皮膚科にいって、診察してもらってくださいね。

スポンサーリンク

コメント