『京都の秋は嵐山!紅葉のライトアップや混雑情報、駐車場はある?』

紅葉

毎年、ただ単にそこら辺で紅葉を見るだけでは物足りない

と感じている人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたにおすすめできるスポットなのが京都の嵐山の紅葉

紅葉シーズンになるとそれに合わせて綺麗なライトアップがされて

とっても魅了されるんですよ。

そこで、今回は京都の嵐山の紅葉の、ライトアップや気になる混雑情報など

様々な事についてご紹介します。

スポンサードリンク

 

『嵐山の紅葉がライトアップされる姿は圧巻!時間帯はいつ?』

2017年の嵐山の紅葉がライトアップされるのは、

12月上旬頃~12月中旬頃の紅葉の見頃に合わせて1週間程度で、

例年通り17時~20時30分となるでしょう。

また、嵐山の紅葉は様々な広範囲にわたっていて

渡月橋・天龍寺・大覚寺・宝厳院・常寂光寺・清凉寺・二尊院・厭離庵

・祇王寺・保津川下りなど様々な場所で紅葉を見ることが出来るのです。

 

かなりの広範囲ですので全てを回るには何時間もかかりますね。

また、嵐山の紅葉は2500球ものLEDでライトアップされており、

まさに‴開いた口が塞がらない‴と言う言葉が相応しく、

その光景に圧巻されます。

 

また、参拝などはライトアップ前に出来るのものですが、料金

を記載しておきます。
・渡月橋…参拝✕通行料は無料
・天龍寺大人500円、小中学生300円、(これは庭園のみの料金で、都堂拝観は+100円)
・大覚寺…大人500円、小中学生300円
・宝厳院…大人500円、小中学生300円
・常寂光寺…大人400円、小中学生200円
・清凉寺…大人400円、小中学生200円(境内は無料で入ることができます)
・二尊院…大人500円、小学生以下無料
・厭離庵…一律500円
・祇王寺…大人300円、小中高生100円
・保津川下り…大人4100円、小人(4歳~小学生2700円)

 

『嵐山の紅葉シーズン混雑はすごいの?』

嵐山の紅葉は、なんと行っても京都の中でトップレベルの紅葉です。

見てまわる場所も沢山ある上に、参拝ができたり、

トロッコに乗って紅葉を見て回ることも出来る場所です。

そのため、ライトアップの時期には沢山の観光客などが訪れます。

 

ただ、期間が一週間ということで、土日休みに来られる方がほとんど

ですので、もしも「混雑時を避けたい…!」と思いでしたら、

平日狙いで行くのがベストでしょう。

スポンサードリンク

 

『嵐山の紅葉スポットへ車で行ける?駐車場は?』

車でお越しの方には安心の駐車場はありますが、

 

駐車料金は800円~1000円(200台駐車可能)

 

他交通手段としては、電車なら嵐山駅から徒歩5分で渡月橋に到着します

バスなら嵐山天龍寺前からだとすぐに到着します。

 

京都の町並みはどれも美しいものばかりですし、

嵐山に着くまでにも電車・バスでちらっと紅葉を目にすることもできます。

「ゆっくりと過ごしたい!」なんて方にはバスや電車がオススメです。

 

◎まとめ

いかがでしたでしょうか?

嵐山の紅葉のライトアップは、参拝できる場所でもありライトアップを楽しめる場所

でもあり、なんと行っても京都でも大人気の紅葉スポットなんです。

土日など極力休みの日を避ければ、混雑は回避出来ます。

土日しか行けない!という方でも、嵐山の紅葉はこれだけ広範囲に

渡っているため、中には混雑していな穴場スポットもあると思われます。

是非とも、今年は嵐山の紅葉、そしてライトアップを見に行ってください。

&nbsp

スポンサードリンク

コメント