おまとめローンのデメリットとメリット

キャシング、クレジット、カードローン

スポンサードリンク




おまとめローンとは複数の金融機関で借りているキャッシングローンなどの借入金をひとつにまとめることです。ローンを借りていると、毎月一定額を返済しなければなりませんが、一本化すれば負担が軽減されます。ローンの利用先を一本化するものであり、返済計画を立てやすくなるというメリットもありますが、借り換え先を誤れば、金利負担が高くなるというデメリットもあります。

月々の返済を行うにあたっては複数の借り入れ先があるとどこがいくらか混乱します。いくらずつの返済をすれば、いつまでに返し終わるか明瞭になりますので、返済のモチベーションもアップします。毎月決められた日に返済しているわけですが、その毎月の返済日も1回になるため、管理がしやすくなります。おまとめローンを利用した後の金利が低くなる場合は利息額も少なくなるため、複数の借入金の総返済額よりも、おまとめローンの総返済額の方が少なくなります。

ただしローンの一本化は軽々しくできるものではありませんし、利用する時は長所も短所もしっかりと理解しておきましょう。

おまとめローンをするということは、金額をまとめることになるので、場合によっては相当大きな金額になることも考えられます。金額が大きすぎる場合だとローンの枠に収まりきれず、1つにまとめることが出来ない事もあります。その場合は1つではなく、2つに分けてまとめるなどすれば良いかと思います。

おまとめローンをする時には、金利が高くなる場合もあるので、どの金融機関でまとめるのか、まとめる前後で金利はどのようになるのか必ずチェックしましょう。低金利で借り直すことができた場合でも、借りたお金を全額返済し終わるまで時間をかけすぎると、利息額が大きくなることもあります。返済条件や完済までの計画も、きちんと立てる必要があるでしょう。一本化することによるメリットをうまく活用するためにはデメリットに十分注意してまとめることを考えることが必要です。

まとめ

①仮換える時は、借り換えができたとしても金利が高くなる場合は辞めておいた方が良い事。

②金利が低いところに借り換えができたとしても、毎月の返済額が少なくなるからといって、返済に時間をかけすぎると利息額が増えてしまうので、ちゃんと返済計画を立てる事。