ディズニーが雨でも一眼レフを撮影できる防水対策は? 一眼レフは邪魔?

ディズニー

夢の国・ディズニーランドとディズニーシー。何度訪れてもドキドキわくわくしますよね。

さまざまなアトラクションを体験したりパレードを観ることももちろんですが、

楽しかった瞬間を撮影することも重要なイベントのひとつ。

お子さんが生まれて初めてディズニーに連れて行く時は

お子さんのシャッターチャンスは逃したくないし、ピントがブレることなくキレイに写したいもの。

カメラ好きのパパさんの中には、一眼レフをお持ちの方もいますよね。

でも、一眼レフを持っていくと、防水対策を気にしたり、

意外と一眼レフが邪魔になるかもしれません。

スポンサードリンク

ディズニーに一眼レフは邪魔!? 一眼レフが邪魔にならない便利なアイテムは?

ディズニーにつきものなのが「人の多さ」「混雑」ですよね。

遠くに見えるディズニーの建造物をバックにした人物写真や

夜のパレードもキレイに写し取りたい場合は、スマートフォンなどではなく、一眼レフを

持ち込みたいものですよね。

でも、人ごみの中でレンズの大きな一眼レフを持ち歩くのって邪魔になるかも…?

 

<最低限のセット>

一眼レフを持参する場合は、以下の3つがあれば安心です。

  • 一眼レフ
  • 標準ズーム
  • 望遠ズーム

 

<理想的な一眼レフ>

  • 長時間持ち歩いても苦にならない重さのもの
  • コンパクトなボディーのもの
  • パシャパシャ撮れるレスポンスが良いタイプ

 

<持ち歩きバッグ>

  • ウエストバッグタイプ
  • ボディーバッグタイプ

収納バッグの選び方が快適ポイントのひとつです。

ウエストバッグタイプ、ボディーバックともに、

コンパクトながら容量がたっぷりして持ち歩くのに邪魔にならないのでオススメです。

また、水を使ったアトラクションもありますので、防水加工を施しているバッグがさらに便利です。

スポンサードリンク

雨でもディズニーを満喫できる! 雨でも一眼レフで撮影できる防水対策は?

いつも混雑しているディズニーは、平日の雨の日だと案外空いているというメリットがあります。

それに、予定していた日がたとえ雨であっても

ディズニー行きはなかなか予定変更できないものですよね。

しかしながら、雨や水はカメラにとっては大敵!

一眼レフの防水対策はどうすれば良いでしょうか。

 

先にも述べましたが、アトラクションの中には

水を使ったものがあり、急に水がかかって濡れることはよくあります。

たとえ雨の予報でなくても、防水対策はバッチリにしておきましょう。

 

タオルを巻いたりナイロン袋をかぶせたり、即席の対策はできますが、

やはり市販のカメラ用レインカバーを使うほうが安心で確実です。

レインカバーにもいくつか種類がありますので、

お手持ちのカメラの大きさやお好みにあうものをセレクトしてください。

 

<ビニール製のレインカバー>

メリット:価格が安い。コンパクトにたたんで収納できるので

あまり荷物にならない。

デメリット:ビニールには伸縮性や柔軟性がないため、

カバーを着けた状態だとゴワゴワして

撮影するとき動かしづらい。

 

<布製のレインカバー>

メリット:ゴワゴワ感がないので、装着したままでも

撮影しやすい。

ビニール製に比べて破れにくく耐久性がある。

デメリット:ビニール製に比べて高額。

 

また、カメラのレインカバーの他に、レンズの雨よけに

「レンズフード」を装着することをオススメします。

 

さらに完璧に水滴をつけないようにするには、

「プロテクター」をつけるのも手です。

プロテクター装着だと、水滴がついても気兼ねなく拭くことができます。

 

まとめ

一眼レフは、できればコンパクトなタイプのカメラのほうが向いています。

もし、ディズニーのためにこれから購入を考えているならば、

ミラーレス一眼レフでも十分撮影できますよ。

特に、小さなお子さんが一緒の時は、お子さんを抱っこすることもありますので、

なるべく身軽なほうが良いですし、両手が使えるバッグを選びましょう。

それから、レインカバーをしたカメラの湿気にもご注意ください。

室内移動中や休憩中は、カバーを外して休ませてあげましょう。

スポンサードリンク

コメント