20代女性必見!引越しの挨拶をしないはOK?一人暮らしの場合は?

暮らし

新年度を迎え、これから新しい土地で新生活を始める人もいるでしょう。

しかし女性の一人暮らしには危険がつきもの。

引っ越したからにはしっかり挨拶をするのが昔の礼儀でしたが、今はどうでしょうか。

 

今回はアパートで一人暮らしをする上での最初の難関挨拶をどうするかについて

お伝えします。

スポンサードリンク

 

引越しの挨拶はする?しない?しない派の理由とは?

一般的に、女性が一人暮らしをする場合、挨拶はしない方が良いと言われます。

そこでここでは、挨拶をした場合としなかった場合に分けてみることにします。

 

挨拶をした場合

挨拶をした場合、自分の近所にどんな人が住んでいるのか知ることができます。

ちなみに挨拶をする範囲ですが、両隣と上下の階ほどで構いません。

 

どんな人が住んでいるのか知っておくことで、お互いに安心感が生まれます。

 

他には自分が困った時に、例えば力仕事などを助けてくれるかもしれません。

 

逆に自分が助けてあげることになったりして

そこで周囲との関係が良くなり、今後過ごしやすくなります。

 

もう1つだけ理由を書くなら、新しい土地での新しい出会いでしょうか。

そこでの出会いをきっかに、一生の親友ができたり恋人ができたりするかも?

 

挨拶をしなかった場合

挨拶をしなかった場合を考えてみましょう。

自分の隣近所に誰が住んでいるかは、

朝すれ違ったりして少しずつ把握していくしかありません。

 

女性が一人暮らししているということが周囲に知られないので、

事件に巻き込まれるリスクは減るでしょう。

 

自分に合わない性格の人が住んでいるかもしれません。

 

そういった人からしつこく絡まれたりするリスクも

誰が住んでいるのかわからなければ避けることができますよね。

 

 

スポンサードリンク

 

引越しの挨拶をしないのは一人暮らしでは常識?

昔はご近所とある程度顔見知りになっておくことで

皆が安心して暮らせる地域にしていこうという流れが普通でした。

 

しかし自分の隣に住んでいた人が事件を起こすことが珍しくない現代では

逆に挨拶をしない方が懸命というのが普通です。

 

それでも世間の目とか、一般常識としてやっぱり気になるという人は

自分の住むアパートの大家さんに聞くと良いです。

そこで新しく来た人が挨拶をどうしているのかを聞いて参考にしましょう。

 

どうしても挨拶に行きたいという人は

挨拶に行く時には親や兄弟など、誰か男性と一緒に行くのが良いです。

 

とにかく一人暮らしをしているということが知られないように気をつけてください。

 

自分の周囲に誰かが引っ越してきたら?その時の対応とは?

新年~新学期の季節にかけては、自分と同じ時期に引っ越してくる人が多いでしょう。

なので自分は挨拶をどうするか決めて、もう済ませたとしても安心してはいけません。

 

女性専用アパートならまだリスクは低いと思いますが

普通のアパートの場合は当然男性も引っ越してきます。

その時にうっかり出てしまってはせっかく気をつけていても意味がありません。

 

出迎えてしまう前にできることとしては、以下のことができます。

 

男性用の靴を玄関に置いておく。

これだけで誰か男性がいるのだと相手に思わせることができます。

 

洗濯物を干す時に、男性用のものを一緒に干しておく。

ワンムールの部屋などでは、気をつけていないと部屋の奥まで見られてしまいます。

そんな時にベランダに干してある洗濯物まで見られてしまっても

男性用のものがあれば多少は安心です。

これは外から見られた時にも同じことが言えます。

 

まとめ

いかがでしょうか。

新しい環境になり、期待が高まることだと思います。

しかし最初は自分1人で頑張っていかなければならない一人暮らしです。

自身に降りかかるリスクを少しでも減らして、順調な新生活をスタートしましょう!

スポンサードリンク

コメント