大相撲春 (大阪)場所 2019の優勝力士をしっかり予想してみました!

スポーツ

2019年3月10日から大相撲春(大阪)場所の初日を迎えますね!

毎年、春場所は波乱の結果が多く結果がかなり荒れる場所とも言われているので
見てるとハラハラドキドキしますね!

ここでは、相撲好きの10人に大相撲春(大阪)場所の優勝力士を予想してもらいました!


 
 

大相撲春(大阪)場所2019優勝力士予想!

白鵬

ここ最近では、平成生まれの力士がメキメキと力をつけてきています。貴景勝に御嶽海など。それに加え稀勢の里が引退をしたこともあり、より日本人力士にはかなり注目が集まっています。しかしながら、優勝する力士と言うのなら歴代最多優勝を誇る絶対的な横綱の白鵬が一枚も二枚も優勢です。先場所で、優勝を逃しかなりの意気込みで大阪の春場所を迎えると思いますし、横綱の意地というのを絶対にみせてくれると思います。横綱は強くないとダメですし、日本人力士には勝って欲しいですが、横綱が弱い姿は見たくもありません。

白鵬は数々の優勝の経験をあるので優勝をすると思いました。横綱ですし力は一番と思うからです。白鵬は最近は優勝から遠ざかっていますが好きな力士なので優勝をして欲しいからです。身長は高いし体重も重いので一番強いと感じるからです。相撲の強い国のモンゴルの出身なので優勝の期待をしています。白鵬の腕は太くて強い腕をしているので優勝をするのは白鵬だと思います。白鵬の足腰の強さは相撲会の中では誰よりも強いからです。

白鵬関は最高のパフォーマンスを本場所に合わせることに基準をおいて、休場のタイミングや地方巡業の日程をうまく自分で管理が出来ているからです。先場所休場しているため体調は万全ですし、場所が終盤になってくると、現役力士の中で最も強くプレッシャーにも打ち勝つ事ができると感じるからです。度々横綱らしからぬ振る舞いや言動の批判はありますが、そうは言ってもここまで現役でいてもらえている事が日本の相撲界にとって有り難いことだと思います。

横綱の白鳳が優勝すると予想先場所の失速したくやしさがあるので今場所は十分対策してくると思います先場所を見る限り全盛期のコンディションを15日間維持するのは難しいと思いますが技術的にはワンランク上かと精神的にも強い力士なのでコンディションさへ15日間充実できれば間違いなく一番の優勝候補力士だと思います

全盛期の無敵の強さはなくなりましたが相手を受け止めて展開にあわせて数多くの技を繰り出せるところはまだまだありますたとえ不利な体勢になったとしても大きな身体には似合わない素早い動きで体勢を入れ替えて自分の有利な体勢にあっという間にすることができますこれも今までの数多くの経験の賜物です貴景勝や御嶽海など若手の力士の勢いがありますが白鵬の体調が万全であれば安定感のある相撲で優勝するはずです

貴景勝 (関脇)

実績:

幕内優勝 1回。
殊勲賞 3回
技能賞 1回
敢闘賞 2回

過去5場所連続勝ち越し。幕内優勝1回(2018年11月場所)

 

同じ故郷、部屋だった稀勢の里が引退し、稀勢の里の分も期待とプレッシャーが高安にかかっていると思います。私もその1人です。辛いかもしれませんが、今場所はそのプレッシャーに打ち勝って優勝して欲しいと思います。前場所はあまり調子が良くありませんでしたが(インフルエンザ明けだったので体調が戻ってなかったのかもです)、前々場所はあと一息のところまで来ていました。今場所はメンタル面が落ち着いていれば、優勝は絶対にいけると思います。

まず過去20場所の優勝力士を見ていると平幕力士が優勝したのは1場所のみ。2019年大阪春場所優勝力士は高確率で三役以上の力士になると言えるでしょう。そこで春場所の三役以上の力士の過去5場所の成績を見て行きたいと思います。過去5場所で休場もせず連続で勝ち越しを果たしている力士を探すと貴景勝のみになります。実績を見れば白鵬が優勝という考え方もありますが最近は休場も増え、また年齢的、体型的にも衰えが感じられますので優勝は厳しいと感じます。先程のデータ、先々場所優勝、先場所は優勝に準ずる成績を残した実績、まだ22歳という若さ、それに勢いから見ても優勝は貴景勝になると予想します。

実績充分の二人の横綱は、もうピークを過ぎており、2週間の長丁場を乗り切る体力はもうないと思います。経験で勝ってはいますが、以前のように他を圧倒する力はもうないと思います。上位陣とあたる終盤戦になると負けが混んでくると思います。それに比べて貴景勝の最近の安定感は抜群。優勝経験があるのもプラス材料だと思います。しかも今場所は大関取りの場所。気合いののりも半端でないはずだと思います。総合的に考えても貴景勝が優勝候補の一番手だと思います。

両関脇が一番調子がいいと思っていますその中で先場所玉鷲が優勝し今度はもう1回自分がなるという気持ち大関になれる可能性を残している状態もあり横綱の年齢なども考えるとやはり一番近い所にいるのではないかと思いますこの1年間は負け越しておらずほとんど二けた勝利で終わっているため二けたは確実だと思っていますあとは調子次第で13勝ぐらいして優勝になれば大関昇進も文句ないのではないでしょうか地元関西でもあるため条件はいい具合に整っています。

長年に渡り磐石の相撲をとり続けた横綱白鵬も最近は少し精細を欠く場面が増えてきた他の横綱大関も年齢的にいつ引退してもおかしくない年齢だしケガをおしてまで出場している貴景勝はまだ22歳と若くこれからの力士だし貴乃花の件ではゴタゴタもあったが本人は至って平然と対応しており環境の変化は問題なさそう若さゆえ多少の好不調の波があるにせよ大関を掛けた場所でもあることから気持ちをしっかり作って挑んでくるはず貴乃花イズムを継承してさらに上を目指していくだろうと予想
スポンサーリンク

遠藤

日本人力士であり、なおかつ人気も上昇中相撲の勘が鋭く、格上の力士をも下手から持ち上げる力量を持ち合わせている。完璧主義な性格で、一つ決めたことはやり遂げる性格も功を奏し、ストイックに増量筋トレをくりかえしているそう。大きな怪我をしたものの、持ち前の強靭な精神力でなんなく乗り切った。少しでも弱気になったらあっという間に負け続ける世界で、メンタルをいかに持続させていくかが重要な中、彼の成長が益々楽しみなため。

豪栄道

モンゴル出身力士は、今までの実績から、三役に上がるとその勢いでアッという間に横綱に上がってしまいます。玉鷲は少し年がいっていますが、大関までは行くのではないかと思っています。また、白鵬など横綱陣が最近勢いがなく大本命のいない優勝争いとなるところと、先場所優勝した勢いから、モンゴル出身力士の玉鷲が優勝すると予想します。モンゴル出身なので、ハングリー精神旺盛だと思うので、上に上がるチャンスは逃さないのではないでしょうか。

高安 (幕内 大関)

実績:

殊勲賞が3回

敢闘賞が4回

技能賞が2回

金星が4個

同じ故郷、部屋だった稀勢の里が引退し、稀勢の里の分も期待とプレッシャーが高安にかかっていると思います。私もその1人です。辛いかもしれませんが、今場所はそのプレッシャーに打ち勝って優勝して欲しいと思います。前場所はあまり調子が良くありませんでしたが(インフルエンザ明けだったので体調が戻ってなかったのかもです)、前々場所はあと一息のところまで来ていました。今場所はメンタル面が落ち着いていれば、優勝は絶対にいけると思います。

高安は引退した稀勢の里の弟分の大関であり先場所はインフルエンザの影響でまり調子が良くなく優勝争いに入ることはできたが取りこぼしが多くなり優勝を逃してしまったため今場所にかける思いは人一倍多いと予想できますし兄貴分の稀勢の里の胸を借り稽古もいつも以上に取り組んでいると思うので負ける気がしませんそして今場所優勝すれば横綱という道も開けると思うので高安にとって勝負所だと思うので優勝するのではないかと考えています

昨年は一年間のうちに12勝3場所、11勝1場所と二桁勝利が4場所を数えた。大関昇進以降、大きなケガさえなければ安定して10勝以上している。安定感で言えば幕内でも屈指。優勝経験はないものの、そろそろ気は熟してきたと言っていいだろう。初場所で敬愛する先輩の稀勢の里が引退、稀勢の里のためにとモチベーションも高いはずだ。元稀勢の里こと荒磯親方も高安を徹底サポートすることを公言しており、白鵬や鶴竜といった上位陣への対策も今まで以上に期待できる。荒磯親方と二人の力を合わせて、ぜひ優勝杯を再び田子の浦部屋に奪還してほしい。

 

御嶽海 (小結 )

実績:

幕内優勝 1回
殊勲賞 4回
敢闘賞 1回
技能賞 2回

 

先場所痛めた怪我の回復次第ではありますが、その怪我が回復していれば優勝争いに関わってくると思います。先場所も怪我さえなければおそらく優勝していたのではないかと思います。先場所も一回休場しながら再出場して勝ち越しました。これは相当の実力がなければ出来ないことだと思います。また、優勝経験もあり、終盤にプレッシャーから失速することもないと思います。ピークを過ぎた二人の横綱に変わり、今後の角界を背負っていく逸材だと思います。

大相撲春 (大阪)場所 2019の優勝力士をしっかり予想まとめ

ご覧の皆さんの予想とはどうだったでしょうか?
いよいよ始まる大相撲春場所2019今年は誰が優勝するか楽しみにですね!

スポンサーリンク