新任保育士必見!3歳の誕生日ににメッセージを送ろう!例文まとめ

保育園・幼稚園

保育園といえば、月に1回「お誕生会」が行われると思います。

子供達にとっては、年に1回の楽しみな日ですよね!

そんなお誕生会では、誕生月の子供にメッセージカードをプレゼントされる

先生が多いのではないでしょうか?

しかし、年長さんや小学校にあがった子供であれば、

文章がある程度理解できるので、メッセージが考えやすいですが、

3歳の子供の場合はどうしたらよいのか、悩みますよね・・・。

今回は、どんな内容のメッセージを書けばいいのか、

どんなカードを作ったら3歳の子供が喜んでくれるのか、

保護者目線もふまえて、ポイントと例文をご紹介いたします!

スポンサードリンク

コピぺOK!3歳の誕生日に子供が喜ぶメッセージ3選!

まず、誕生日メッセージを書くにあたって、いくつかのポイントをお伝えしますね。

 

・ひらがなで分かりやすい文章で書く。

3歳の子供が読めるように、ひらがなで書きましょう。

文章は硬くなりすぎず、子供に普段話しかけているような気持ちで

文章を書くと、子供にも伝わやすい内容になると思います。

 

・子供ひとりひとりの個性を書く。

その子の好きな物や好きな遊び、保育園での様子などを思い出して、

子供の個性が伝わるようなメッセージを書きましょう。

 

例えば、「おともだちにやさしい」だけでは、

ありきたりな文章で、その子の個性が伝わりにくいですよね。

 

「○○ちゃんは、おともだちがないていたら、

すぐにきがついて、なぐさめてくれるね。」

 

「おともだちがひとりでいたら、いっしょにあそぼうと

さそってくれる○○くんは、やさしいこころをもってるね」

 

などと、保育園で過ごす子供の姿が想像できるような、

具体的な文章を考えると良いです。

 

 

・その子の得意なことを褒める。

 

お絵かきや造形、プールなど、保育園ではさまざまなカリキュラムを行っていますよね。

そのカリキュラムのなかで、子供が特に得意なこと、

または一番好きなことを褒めてあげましょう。

 

もちろん、カリキュラムだけではなく、

「お友達とすぐに仲良くなれる」

など、普段の生活のなかから、褒める部分を見つけるのもオススメです。

 

褒める文章を書くときも、先ほどと同じように、

その子の個性が伝わるように、具体的に書きましょう。

 

以上が、誕生日のメッセージを書くポイントです!

例文を3つ、ご用意しましたので、ぜひ参考にされてくださいね。

 

 

【例文1】

○○ちゃん、3さいのおたんじょうび、おめでとう!

○○ちゃんは、ちいさいくらすのおともだちとてをつないで、

いっしょにあそんでくれたり、ないているこがいたら

よしよししてくれたり、すっかりおねえちゃんになったね。

せんせいは、おねえちゃんになった○○ちゃんが

とってもたのもしいです!

これからも、いっぱいおともだちとあそんで、すてきなおねえさんになってね!

 

 

【例文2】

○○くん、3さいのおたんじょうび、おめでとう!

せんせいは、○○くんのこと、

0さいのころからしっているけど、ほんとうにおおきくなったね!

いつも、すききらいをしないで、いっぱいきゅうしょくをたべるからかな?

にがてだったとまとも、たべられるようになったね!すごい!

これからも、たくさんたべて、かっこいいおにいちゃんになろうね!

 

【例文3】

○○ちゃん、3さいのおたんじょうび、おめでとう!

○○ちゃんは、おえかきがとってもとくいだね!

せんせいのかおをかいたえを、ぷれぜんとしてくれたとき、

ほんとうにうれしかったよ!

○○ちゃんのえは、いろんないろをつかっていて、

からふるだから、○○ちゃんのえをみて、げんきをもらいます。

せんせいにも、えのかきかたをおしえてね!

スポンサードリンク

3歳の誕生日に送るメッセージカードはどのようなものがいい?

誕生日のメッセージのポイントを掴めましたら、

次はメッセージカードを作りましょう!

 

メッセージカードは、とても大切な思い出になります。

私の母は、保育園で作った作品や、誕生日のメッセージカードは、

すべて保管していました。

 

誕生日のメッセージカードには、子供の成長や思い出がつまっているので、

私の母のように、大切に保管されている保護者の方は多いと思います。

 

そのため、思い出を振り返られるような内容のカードを作ると良いですね。

 

例えば、子供の写真を貼ったり、

身長・体重・得意なこと・好きなお友達など、

その子の様々なプロフィールを書くと、読み返したときに当時を思い出しやすいです。

 

また、手形や足形をとって、メッセージカードに貼るのもオススメです。

写真では、子供の体がどのくらい大きくなったのか、

成長が分かりにくいので、この方法はとても効果的です。

 

 

さらに、メッセージを書くときに、ペンの色にも気をつけましょう!

 

子供の好きな色を使って、カラフルに書くことは良いのですが、

薄い色を使うのは避けましょう。

 

薄い色は、年月が経つと少しずつ薄れてしまい、

読めなくなってしまう可能性があります。

特に誕生日カードで使いがちな「黄色」は色あせやすいです。

 

そのため、メッセージは黒や紺などの濃い色で書き、

デコレーションはペンで書くより、折り紙や色紙、シールなどを使うと良いですね!

 

 

最後に、メッセージカードを作るうえで、大切なことは

「保育士さんが、子供のことを愛情深く見てくれているか」ということです。

 

3歳クラスになると、担任の先生の数が少なくなることが多いと思います。

メッセージがありきたりだったり、内容が薄いと、

保護者は「先生はこの子のことをちゃんと見てくれていないのかな?」と

思ってしまいます。

 

子供にとっては、1年に1度の大切な日であり、

メッセージカードは思い出に残るプレゼントですので、

子供の個性が伝わるような内容を、しっかり考えて作ると良いですね。

 

まとめ

メッセージカードは子供はもちろん、保護者にとっても、大切な思い出になります。

私自身も、成人して、改めて保育園時代の誕生日カードを読み返したとき、

「ああ、こんなことあったなぁ」「この遊び、好きだったなあ」など

小さいころの記憶がよみがえって、懐かしくなりました。

誕生日のメッセージカードが大切なものになるように、

ぜひ、プレゼントする子の思い出のつまったカードを作ってあげてくださいね!

スポンサードリンク