スポンサーリンク

お風呂の排水溝の掃除の効率を良くするには毎日の習慣!?

掃除

初めて家事一切を自分でしなければいけない立場になると、

家事の多さに驚きます。

それに、地味な仕事を毎日毎日こなさなくてはならないので、

気が滅入るときもありますよね。

 

筆者は、自他共に認めるぐうたら主婦なのですが、

それでも掃除だけで1時間はかかります。

できれば、汚い場所の掃除は避けたいけれど、

そうも言っていられません。

何か楽に掃除ができる方法はないのでしょうか?

 

お風呂掃除の頻度を減らす為の習慣とは!?


毎日掃除をする場所で、一番手間がかかる場所はお風呂です。

お風呂掃除は、バスタブ、床、道具、鏡など、

手にするものを中心に掃除をしますよね。

 

ですが、お風呂掃除で一番厄介なのは、「カビ」なのです。

しかも、上記のような普段の掃除だけでは防ぎようがありません。

ですので、掃除以外のところで、カビを防止するようにしましょう。

といっても、一度にたくさんのことをする訳ではありません。

 

お風呂を入り終えたら、お風呂のドアを開けましょう。

熱のこもった湿気を外に出して、カビの繁殖を防ぎます。

そして、水たまりになるドアの下回りのパッキン、天井をふきます。

天井は、風呂中のカビの発生源になっていますので、

水滴はふいておいた方がいいですよ。

夜の疲れているときに、これをするのはちょっと面倒ですが、

後でカビが大量に発生して、

手に負えないよりかは、はるかにましです。

 

臭いや詰まりの防ぎ方は!?


一番大事なのは、詰まりの原因となる「物」を流さないことです。

お風呂の場合だと、髪の毛で詰まることが多いようですね。

でも、排水口の髪の毛って、さわると手にまとわりついて、

捨てるのもちょっとやっかいですよね。

 

筆者の場合、ここはお金をケチらずに、

百均ショップで「排水口ネット」を買って、

掃除の終わりに交換しています。

排水口のネットで、排水口のフタより格子が細かくなりますので、

何もしていない状態より、髪の毛が流れる確率が減ります。

 

そして、交換する際に、ネットの髪の毛がある面を

くるっと内側にして、そのままゴミ箱へぽいっと捨てるだけです。

排水口のフタに、髪の毛がみっちり絡まった状態を続けますと、

衛生上も悪ですし、ひどくなると

薬剤を使って溶かすことになりかねません。

 

また、におい対策は、月に1回、漂白剤を少し入れると、

におい防止になりますよ。

漂白剤は、台所用の漂白剤を利用するといいですね。

筆者は、いちいち台所から漂白剤を持ってくるのが面倒くさいし、

そもそも入れるのを忘れることが多いので、

タブレット状の漂白剤をぽいっと入れています。

漂白剤を入れたら、水を流しておくことを忘れないでくださいね。

スポンサーリンク

 

お風呂掃除道具はどこで保管してる?


筆者の場合、初めの頃は、シャンプー、ボディソープ、

掃除道具をずっとお風呂に置いていました。

そうすると、掃除の度に、いちいち一個ずつ他の場所に移動して、

おいてある場所を掃除して、また元の場所に戻す

ということをしなければなりません。

そうしないと、シャンプーなんかの容器の底がぬるぬるになって、

赤カビが発生するからなんですよね。

掃除道具は、お風呂でゆっくりしているときに必ず視野に入ってきて、

なんだか落ち着きませんでした。

 

ですので、掃除道具やボトルを全部、風呂から出して、

かごにいれて、洗面所の棚に置いておくことにしました。

容器の底にカビができにくくなったのはもちろんですが、

なんといっても掃除の手間が省けて楽になったのがうれしいですね。

使うかごは、底がワイヤーだけになっているものがいいですよ。

お子さんが使うおもちゃは、大きめの洗濯ネットにまとめて入れて、

フックにかけておけば、乾きやすいですし、

洗う時はそのまま洗剤に浸けられますので便利ですよ。

 

主婦を始めて2桁の年数になった筆者ですが、

汚れを一生懸命落とすより、

汚れをつかないようにすることのほうが確実ですし、

楽なんだ、と思うようになりました。

新しい生活を始めた方は、

まず汚れを付かないようにすることを先に考えてください。

 

まとめ

今はまだ想像がつきにくいと思いますが、

それが数年、十数年となっていくと、

しているとしていないとでは大きな差が付きますよ。

 

ええ、そうです。

ずぼらな筆者は今、お風呂のカビに奮闘しております。

みなさんは、筆者のように後で慌てることがないようにして下さいね。

スポンサーリンク

コメント