スポンサーリンク

鬼は―外―!福は―内―!節分のメニュー次第で子供も釘付け!?

節分

2月の行事と言ったら節分!

「その年の方角に向かって恵方巻食べるだけでしょ?」

なんて思っている方、それは違います!

 

節分はメニュー次第でとっても楽しい行事に早変わりします!

特にお子さんが小さい方は数ある行事の中でも

ハロウィンやクリスマスを盛大にやりがちですが

節分も大いに盛り上げませんか?!

 

今回はそんな節分に喜ばれるメニュー作りをご紹介!

① 誰でも作れる簡単鬼ぎり!?

“おにぎり”ではなく“鬼ぎり”

これだけでもワクワクしますがどこでも手に入る材料で

一気に節分にちなんだおにぎりに早変わり♪

お子様と作ると、へんてこなものができてもそれが愛らしく

とても楽しい時間になること間違いなし!

 

“鬼ぎり”とは簡単に言うと鬼のように飾り付ける

デコレーションおにぎりのこと。

材料は
・とろろ又はかつお節
・ヤングコーン又はチーズ
・黒ゴマ又はかにかま(ケチャップでもオッケー)

鬼は子供にとってはすごく怖いイメージですが、“鬼ぎり”の場合は

いかに可愛らしく作れるかがポイント!

鬼の髪の毛はふわふわにさせるととってもキュート!

なのでとろろやかつお節を使います。

 

鬼のツノはヤングコーンの先やチーズを三角に切りとって

バランスよく見せると良いです!

ちなみに、器用な方はつまようじを短く折ってそれを芯にして

マスキングテープなどでオシャレなツノを作るのもありです!

 

あとは海苔で目をグリーンピースで鼻をつけるのですが

先ほど材料で紹介した黒ゴマ又はかにかまは鬼の頬に使います。

そばかす風にするなら黒ゴマ

赤い頬にするならかにかまやケチャップがオススメ!

頬が結構重要部分なのでセンスが大事になります☆

 

② もう少し凝りたい方へ…

上記の他に鬼のパンツの作り方も教えちゃいます!

薄焼き卵焼きを作りパンツのように切り抜きます!

海苔でイナズマを作るのもアリ!ひじきをのせるのもアリ!

鬼と言えば雷を連想するのでイナズマ柄をとりいれると一気に

鬼っぽくなりますよね!

子供さんも張り切って作ってくれると思うので

是非一緒に作ってみてはいかかでしょうか?

 

③ 子供の喜ぶ手作り恵方巻レシピ!?

節分と言ったら恵方巻ももちろん大切です。

スーパーで買うのもアリですが食べるときに

子供がワクワクするような恵方巻作ってみたくないですか?

 

今回は初心者でも作れる簡単レシピを紹介します!


① 酢飯を用意し、ご飯の半分にタラコや明太子を混ぜます。
このときふりかけ等で色をつけるのでも大丈夫です

② 次に①のご飯で細めの海苔巻きを作ります。

③ ①のときに残して置いたもう半分の酢飯を②で作った細巻を芯に
海苔巻きを作ります。

 

あとは冷蔵庫などで固めてから輪切りにして、

先ほどの“鬼ぎり”で使った材料と同じように

顔を作ると鬼の恵方巻ができるので

食べても美味しく可愛らしい恵方巻が完成しますよ♪

読んでみてどうですか?

やってみると本当に簡単なので是非作ってみてください!

スポンサーリンク

 

家族でクルクルと巻くのも楽しいよ!


節分メニューは材料をはったりのせたりがメインなので

危険な動作がなく、楽しく作れるので家族で作るのがオススメ!

不器用な旦那様でも簡単にできること間違いなし!

楽しくおしゃべりしながらみんなで作ると節分そのものだけでなく、

その日1日がたのしくなりますよね!

 

とくに恵方巻はクルクル巻くことがメインなので

お子様に巻いてもらって仕上げを大人がやると共同作業

子供がお手伝いするきっかけになるかもしれません!

 

まとめ

まだ、お子様がまだ小さい場合、お母さんは料理を作るだけでなく

お子様の面倒を見るのも必要ですし他の家事もしなくてはいけなく

やることが沢山あります。

だけど行事はちゃんとやりたい、手抜きメニューは嫌

そんな方にはオススメです♪

 

節分メニューをきっかけに

他の行事でも作ってみても楽しいかもしれませんよ!

スポンサーリンク

コメント