スポンサーリンク

今年も恵方巻きはコンビニで買う!2018年のおすすめ教えます!

恵方巻き

日本には様々な行事がありますが、2月の行事といえば節分ですよね。

節分の日には豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりと

家族で楽しめそうな行事ですよね。

豆まきについては豆を買っておくだけでできるので準備も簡単。

 

しかし、厄介なのが恵方巻。

手作りをすれば良いのでしょうがなかなか手間がかかる

忙しい奥様に恵方巻きの手作りはハードルが高く感じますよね。

そんな奥様のためにスーパーやお寿司屋さんで販売されていますが、

最近ではコンビニでも本格的な恵方巻が販売されているのです。

 

近い、尚且つ便利なコンビニ(どこかで聞いた子があるようなセリフですが)

でお仕事帰りに本格的な恵方巻が購入できたら

節分もより楽しめそうですよね?

とは言ってもどこのコンビニで購入しようか迷ってしまいます。

そこで今回は店舗数の多い三大コンビニの人気恵方巻を紹介しちゃいます。

 

今年の恵方巻き、各コンビニの種類や特徴は?

セブンイレブン

① 「福を呼ぶ八品目の恵方巻」
レギュラーサイズ 税込420円
ミニサイズ    税込298円
●カテゴリー(オーソドックス)
●具材(かんぴょう煮、しいたけ煮、れんこん、厚焼き玉子、
高野豆腐、穴子、きゅうり、おぼろ)

② 「贅沢恵方巻」税込598円
●カテゴリー(豪華・海鮮系)
●具材(いくら、トラウトサーモンのマヨネーズ和えなどの海鮮具材)

③ 「海老とツナのサラダ巻」税込390円
●カテゴリー(子供に人気)
●具材(海老のマヨネーズ和え、ゴマ入りツナオニオンマヨネーズ和
え、カニカマ)

④ 「牛すき巻牛蒡しぐれ仕立て」税込390円
●カテゴリー(変わり種・ガッツリ系)
●具材(牛肉・牛蒡・玉ねぎ)

 

ファミリーマート

① 「恵方巻」
1本入り 税込420円
3本入り 税込1170円
●カテゴリー(オーソドックス)
●具材(おぼろ、椎茸煮、玉子焼、干瓢煮、きゅうり、高野豆腐、穴子)

② 「海鮮恵方巻」
1本入り 税込420円
3本入り 税込1170円
●カテゴリー(オーソドックス・海鮮系)
●具材(鮪のたたき、サーモン、とびっこ、海老、いか等の海鮮具材)

③ 「サラダ恵方巻」税込350円
●カテゴリー(オーソドックス・ヘルシー・さっぱり系)
●具材(野菜・海老、カニカマ、とびっこのマヨネーズ和え)

④ 「国産牛炭火焼肉恵方巻」税込540円
●カテゴリー(変わり種・ガッツリ系・韓国風)
●具材(国産牛の炭火焼、ナムル、小松菜、韓国海苔)

⑤ 「ファミマプレミアム海鮮恵方巻」税込700円
●カテゴリー(豪華・海鮮系)
●具材(鮪のたたき、三陸産いくら、本ズワイガニ、キングサーモン)

 

 ローソン

① 「恵方巻」
1本入り 税込390円
3本入り 税込1080円
●カテゴリー(オーソドックス)
●具材(玉子焼、おぼろ、胡瓜、椎茸煮、焼穴子、高野豆腐、干瓢)

② 「海鮮恵方巻」
1本入り 税込390円
3本入り 税込1080円
●カテゴリー(オーソドックス・海鮮系)
●具材(鮪、サーモン、海老、いか)

③ 「サラダ恵方巻」税込390円
●カテゴリー(野菜・さっぱり系・ヘルシー)
●具材(野菜、サーモン、アボガド)

④ 「熟成ロースとんかつ巻き」税込500円
●カテゴリー(変わり種・ガッツリ系)
●具材(熟成ロースとんかつ、薄焼卵)

⑤ 「極上海鮮恵方巻」税込980円
●カテゴリー(豪華・海鮮系)
●具材(車海老、キングサーモン、ズワイガニ、真鯛、煮穴子、
いくら、とびっこ)

⑥ 「リラックマ恵方巻セット」税込800円
●カテゴリー(キャラクター・子供に人気・変わり種)
●具材(トマトブイヨン入り酢飯、鶏胸肉、玉ねぎ、たまごサラダ、
コーン、薄焼き玉子)

 

ズラズラと書いてみましたが全体的に

スーパーで売られているものと違い

サイズは8.5cm〜14cmと丁度良いサイズなので

ご家族で楽しむ方はいくつかの種類をシェアしたり、

好みの具材をそれぞれ選ぶことができるので便利ですね。

スポンサーリンク

 

恵方巻きはどこのコンビニで買うのがオススメなのか?


では、三大コンビニの中でもこれだけ種類があればやはり迷ってしまう。

結局どこのコンビニの恵方巻きがオススメなの??ということですが、

 

オーソドックスな恵方巻の中では具材の種類やこだわりの点で

「セブンイレブン」がオススメ!

 

海鮮系では鮪好きの方は「ファミリーマート」か「ローソン」

サーモン好きの方は「セブンイレブン」ですね。!

 

価格で言えば、「ローソン」が一番お手頃価格です!

 

あなたが何を重視するかでどこのコンビニで購入すればよいか

ヒントになるのではないでしょうか。

まとめ

恵方巻一つをとってみてもこんなに種類があるのですね。

選ぶところから家族で楽しめそうです。

ましてや身近にあるコンビニで購入できるのであれば、

豆まきだけで済ますのではなく、

恵方巻までしっかり行事の準備ができます。

主婦の味方とはまさにこのことですね!!

 

是非、お気に入りの恵方巻を見つけ、

家族で静かにもぐもぐして日本の行事を楽しみましょう。

スポンサーリンク

コメント