だるまに願い事! 背中に書くのはどのようなことがいい?

正月

だるまにお願い事をしたことはありますか?

縁起ものとしていろいろな場所で置かれていて、

あまり気にしたことはなかったけど、

いざ自分がだるまにお願い事をするとなると

やり方がわからないものです。

 

なんで片目しかないの?

願い事が叶ったらどうすればいいの?

逆に叶わなかったらどうすればいいの?

 

そこで、だるまの歴史や由来

そして祈願の仕方などを調べてみました。

さらに、定番の赤いだるまだけでなく、

カラーだるまのこともご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

そもそもなぜだるまに願い事をするのか?


“だるま”は、鎌倉時代に中国から日本に仏教禅宗が伝わったころの

「達磨大師」という人物がモデルと言われています。

達磨大師は、5世紀後半から6世紀前半に存在したと言われ、

中国禅宗の開祖とされているインド人の教僧なのです。

達磨大師は9年間もの間、座禅という修行をしたため

手足が腐ってしまったという言い伝えがあり、その姿から

手足のない置物が作られるようになったそうです。

 

一方で、日本には古くから「起き上がり小法師」という、

底が丸く重心が低い置物があり、

何度倒しても起き上がってくるその特徴から、

「七転八起」という意味をもつ縁起物の郷土玩具がありました。

その二つの置物が、形が似ていることから、

いつしか混同され現在の“だるま”になり、

無病息災、家内安全などを祈願する縁起物となったのです。

 

だるまの背中に願い事を書くのが正しいの?


だるまの背中に願い事を書くのは正しいのか、

書くとすればどのように書くのか、

という疑問がある方もいるかもしれませんが、

これはあまりはっきりしません。

後でご紹介しますが、祈願方法も様々で、

背中に願い事を書くのも同様なのです。

 

・もともとだるまの前面に
「合格」や「必勝」の文字が書かれているものなら、
その目的に合っただるまなので、後ろにまで書かなくていい。

・だるまの背中には祈願した人の名前を書いておく。

・願い事は誰にも知られてはいけないので詳しく書かない。

 

などとも言われています。

でも、だるまを販売しているお店では、

だるまの背中に文字を入れるサービスがあるところも。

つまり、だるまの背中に願い事を“書く”という決まりも、

“書いてはいけない”という決まりも、

どちらもないということですね。

スポンサードリンク

 

だるまの正しい祈願の仕方や置く場所とは?


先ずは心を鎮めてだるまと向き合い、

お願い事を言い、片目に目を入れる

これを開眼と言い、魂を吹き込むという意味があります。

この時、どちらの目から入れるのかな、と思われるでしょう。

一般的には、だるまの左目から入れ、

願いがかなったら右目をいれます。

 

しかし、地域やお寺、願い事の種類によって右目から入れたり、

始めから両目を入れたり、これもまた様々です。

そして、願いが叶っても叶わなくても、

だるまは一年たったらお寺に返して供養してもらうか、

どんど焼きで供養してもらいます。

 

置く場所ですが、特に決まりはありません。

家族のみんなを見守ることができるリビングや、

合格祈願のだるまなら、勉強机に置くなどしてみてはいかがでしょうか。

ただ、きれいに掃除してある場所にしましょう。

だるまにもホコリがたまらないようにしてくださいね。

 

さらに、だるまの種類ですが、

赤いだるまだけではなく、カラフルな色のだるまもあるんですよ。

少しだけご紹介しますと、

 

赤…最も定番の色。魔除け。
白…勤勉さを意味する。学力向上。
青…才能向上。
緑…健康、無病息災、スポーツ上達。
黄…金運
ピンク…恋愛運、良縁
紫…個性の発揮、健康長寿
黒…黒字を招く、商売繁盛

 

です。

色の意味を知れば、自分に合っただるまを選びやすいですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

だるまの歴史、祈願の由来、仕方、種類、

また、に至るまで本当に様々でしたね。

その中でも自分に合っただるまをみつけるのは大変かもしれませんが、

巡り合えた時こそ祈願成就の第一歩だと思いませんか?

あまり難しく考えず、これだというだるまを見つけたら

一番大事なのは、やはり心を込めることではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント