スポンサーリンク

親子で遊ぼう!簡単に作れる節分製作アイデア10選!1歳児編

節分

節分は日本の大切な行事のひとつです。

鬼が出てきたり、豆まきしたり、

1歳くらいの子供にとっては初めてのことばかり。

ママとしては、節分の由来や意味がわからなくても

喜んでくれることが一番ですよね。

 

そこで、親子で節分を楽しく過ごすために、節分にちなんだ製作

出来上がったものを使った遊びなど、

1歳という年齢に合ったアイデアや、

作る時のポイントも一緒にご紹介します。

どれも、家にあるものや100円ショップで手に入るものばかりなので、

簡単で楽しみながら製作できますよ。

 

節分製作で一歳児向けのものを作る時のポイントとは?


節分製作は、簡単で楽しく、をテーマに進めていくといいですね。

しかし、1歳児のことだから途中で飽きてしまったり、

イヤイヤが出てしまうかもしれません。

そこで、1歳児を飽きさせず、スムーズに製作を進めるには、

ママの事前の準備がポイントになってきます。

 

1歳児なのでできることといえば、ペタペタ貼る、

ぐちゃぐちゃ塗る、などですね。

それがすぐにできるようあらかじめ小さな紙などのパーツは切ったり、

画用紙を余分に用意するなどしておきましょう。

そして、言うまでもなく、1歳児はなんでも口に入れてしまいますので

豆などの小さい物の扱いには十分注意しましょう。

 

できあがりの物にも注意することがあり、

鬼をイメージして作る製作物のポイントは、あまりリアルに作らないことです。

子供が喜ぶと思ってママが張り切って作ったのを見て、

子供に見せたら大泣き、なんていうこともよくあります。

ちなみに、スーパーで売られている節分用の豆の

おまけの鬼のお面で泣く子もいるんですよ。

 

さらに、お面を手に持って見ている時は大丈夫でも、

お面をママが顔に当てただけで泣く子もいます。

いつものママじゃない、と思ってしまうのかもしれません。

もちろん大丈夫な子もいてますが、楽しい節分のイベントですから

間違っても怖い思い出にはさせたくないですよね。

 

節分製作!親子で鬼のお面を作ってみよう!


それでは、先ほどご紹介したポイントを押さえながら、

定番の鬼のお面を作ってみましょう。

決して怖いお面にならないように。

 

用意するもの

・色画用紙
・水のり
・毛糸(なければ色画用紙で髪の毛のパーツを作る)
・色画用紙で作った目、鼻、口、ツノ

1. 色画用紙を丸く切って顔を作る(紙皿でもいい)
2. ツノを貼る
3. 頭の部分に水のりを塗りクシャクシャにした毛糸を貼り付ける
4. 目、鼻、口を貼る

1~2と3の水のりを塗るまではママがしてあとは子供がする。

 

これが定番の鬼のお面です。

目、鼻、口などの顔のパーツは描いてもらってもいいですが

それはまだ無理…という時はやはり貼るのがいいと思います。

スポンサーリンク

 

節分製作!一歳児向けのアイデア10選!


お面のほかにも節分の製作をご紹介します。参考にどうぞ。

飾りつけや絵はお子さんに合わせて作り、

準備してあげてくださいね。

 

1. 豆まきの豆を10個ほど小さな包装紙で包んだもので豆まき。

片付けも簡単。

 

2. 紙コップ(または透明のプラカップ)に豆を入れてつなげたマラカス

紙コップには鬼や好きな絵を描いてくださいね。

 

3. 大きな画用紙に鬼の顔の輪郭だけ描いて福笑いの遊び

 

4. 牛乳パックを下から5cm~6cmのところで切り、

折り紙などで飾りつけをして豆入れにする。

 

5. 4.が小さすぎるときは箱ティッシュの空き箱などを豆入れにして

ヒモかリボンをつけて肩からかれられるように。

 

6. 色画用紙に絵を描いてから頭にかぶれるくらいの三角帽子を作る。

 

7. 小さい三角帽子をゴムヒモに付けるとツノのできあがり。

 

8. 風船に目、鼻、口、ツノのパーツをペタペタ貼る。

遊んだあとはお部屋の飾りにも。

 

9. カップラーメンのカップに毛糸とツノを付けゴムを通せば本格的な鬼の頭に。

 

10. 紙皿2枚と割り箸、大き目ビーズかどんぐりででんでん太鼓

(割り箸は布などでグルグル巻きにするなどしてくださいね。)

 

まとめ

いかがでしたか。

口に入れては危険なもの、手にしては危ないものなど

十分に注意することなどには気をつけて、

ここに挙げた例を参考にし、ママのアイデアもプラスして

世界にひとつしかない節分の製作を楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク

コメント