スポンサーリンク

これさえ見ればOK!鏡開き2018年はいつ?大阪の場合は?

正月

鏡開きは、新年を迎え、少し落ち着いたころにおこないます。

しかし、いつするの?毎年決まった日じゃないの?

関西と関東では日にちが違うと聞いたけど?

そもそも“鏡開き”って何?

などの疑問についてご説明をしていきます。

 

鏡開きとは何?


「鏡開き」とは二種類あります。

酒樽のふたを割る鏡開きと、鏡餅を割る鏡開きです。

酒樽のほうの鏡開きは「鏡割り」とも呼ばれ、

お正月以外にも結婚式などで行われたりもします。

一方、鏡餅のほうの鏡開きは、お正月に飾られている

お餅を割り、お雑煮やお汁粉にして食べる新年の行事です。

ここでご説明する鏡開きとは、後者の鏡餅を割ることです。

 

どうして鏡“開き”なのかというと、

“割る”という言葉は縁起が悪いとされ、

“切る”も、神様との縁が切れないように、切腹を連想してしまう、

などこの言葉もまた縁起が悪いという理由からのようです。

こういう理由から鏡開きには

包丁などの刃物は使ってはいけないんです。

木槌や金槌でたたいて割ります。

そうなると、やっぱりカチカチの方が割りやすいのかもしれませんね。

 

鏡餅は神聖なお供え物です。

お供えしたお餅には神様の魂が宿っており

鏡餅そのものが「ご神体」という考えで、松の内までいらっしゃいます。

お正月に鏡餅を飾ってお供えし、鏡開きで割ったお餅を食べる

そのこと自体に意味があり、お供えしていないお餅を食べても

あまり意味がありません。

鏡開きとは、ちゃんとお供えした後、

神様から力を授かり、感謝の気持ちを忘れずに、

一年の無病息災を願うため、ひとかけらも残さず美味しくいただく。

という昔からの大切な行事なのです。

スポンサーリンク

 

2018年の鏡開きはいつ?


実は鏡開きは毎年決まった日にちです。

一般的には1月11日です。

松の内という、門松が飾られている期間が1月7日なので

11日になったようです。

松の内は、お供えしている鏡餅に神様がいらっしゃるので

お餅を割るわけにはいきませんね。

 

鏡開きが大阪など地域によって違う?


鏡開きの日にちは一般的には1月11日とご説明しましたが、

地域によっては日にちが違います。

大阪などの関西では1月20日に行われることが多いようです。

京都の一部は1月4日のところもあります。

関西圏だけでも違いがあります。

東京などの関東では、1月11日が多いです。

江戸時代は1月20日に鏡開きが行われていましたが、

徳川家光の月命日が20日だったため11日になったと言われています。

鏡開きが11日に変更されたことに伴い、

松の内も1月7日に変更されました。

 

もともと松の内は全国的に1月15日だったようです。

神様のいらっしゃる松の内に鏡開きはおかしいですものね。

このような風習が関東を中心に広がりました。

しかし、関西にまでは正確に広がらなかったため、

関西は20日のままで行っているのです。

すこしややこしくなりましたが、理解していただけたでしょうか。

 

まとめると、鏡開きは、

関東は 1月11日

関西は 1月20日

です。

 

まとめ

地域によって違う鏡開きの風習。

自分の住んでいる地域の鏡開きはいつなのか、

と思ったら、どんな風習があるのか、

ご両親や地域のお年寄りの方などに聞いたり、

調べたりする良いきっかけかもしれませんね。

 

ちなみに、鏡開きで割ったお餅はさぞカチカチなのでは⁈

と思われている方がいるのでは?

神様にお供えしたお餅だから残さずありがたく頂かないといけません。

カチカチのお餅はまず、半日ほど水に浸し、

さらに様子を見ながら電子レンジでチンすると、

お雑煮やお汁粉にしやすいですよ。

お雑煮やお汁粉など定番の料理だけでなく油で揚げるかき餅や、

お餅の上にチーズなどをトッピングする餅ピザもいいですね。

スポンサーリンク

コメント