スポンサーリンク

失敗できない!バレンタインは本命チョコで告白したい!中学生編

バレンタイン

好きな男子がいる女子にとってバレンタインは一大イベントですよね。

バレンタインは本命チョコを渡すのに合わせて

思いを伝えるのに最適な日です。

勇気を振り絞って告白するのですから、成功したいですよね。

 

成功するためには、バレンタインまでの関係性がとても大切になります。

いわゆるいい感じの雰囲気があったり、仲のいい友人であれば

成功する可能性が高くなるでしょう。

好きだけどあまり話したことがない場合や、

いつも遠くからみているだけという女子は、

バレンタインまでにまず仲良くなることを頑張ってみてください。

今回はバレンタインで本命チョコを渡し、告白する方法などについて紹介します。

バレンタインの本命チョコの男子がドキッとする渡し方とは?


バレンタインが平日の場合、授業や部活動などがありますよね。

中学校へのチョコレートなどお菓子の持ち込みは

基本的に禁止のところが多いですが、

バレンタインとホワイトデーのみ

暗黙のルールでOKとしているところもあるかもしれません。

男子は、チョコレートをもらえるか朝からドキドキしていると思います。

せっかく渡すのですからもっとドキドキさせちゃいましょう。

その方法を紹介します。

 

1、 自宅の方向が一緒であれば、二人で帰る約束をしましょう。

当日だと緊張やタイミングが合わずに伝えられない可能性もありますから、

前日にメールや電話で伝えておくと安心です。

 

2、 帰宅後にどこかで待ち合わせて渡しましょう。

よく通る公園や自宅に来てもらうのもいいでしょう。

相手の家に行く、または待ち伏せするのは引かれる可能性もありますから

やめたほうがよいでしょう。

どちらの方法もまわりの友人の目につかない場所で渡すほうがよいでしょう。

中学生は多感な時期で、下駄箱や机にいれたり、

みんなの前で渡すことによって冷やかされてしまう可能性があるからです。

 

バレンタインの本命チョコは手作り?それとも市販?


バレンタインの時期には数多くのチョコレートが販売されますよね。

市販のチョコレートを渡そうか、

想いを込めて手作りチョコレートを渡そうか迷いますよね。

手作りの方が一生懸命作ってくれた想いも伝わり喜ばれるかもしれません。

しかし、現代では潔癖男子も多くなってきているといわれています。

好きな男子がどのような性格なのかに合わせて選んだらよいと思います。

潔癖男子ではないけど、手作りが苦手な方は、

市販のものにしてもよいでしょう。

 

お菓子作りが苦手だけれど頑張って作りたい方におすすめなのは、

手作りキットになったものを使ってみてください。

私も何度か使ったことがありますが、

作り方がわかりやすいだけではなく、とてもおいしいです。

スポンサーリンク

 

バレンタインで本命チョコを渡した人の成功談と失敗談!


次に実際に本命チョコを渡した人の成功談と失敗談について紹介します。

 

失敗談。

これは私が中学生のときの友人の話になります。

友人と友人が好きな男子は普段から仲が良く、

周りから見ても付き合っているのではないかと思わせるくらいでした。

バレンタイン当日、友人は恥ずかしさから

直接本命チョコを渡すことができず、

下駄箱に入れるという方法を取りました。

朝一にいれため、多くの男子学生がチョコの入っている下駄箱を目撃し、

友人が好きな男子はからかわれてしまったのです。

からかわれた男子は、

「別に付き合ってないし、好きじゃないから」

と友人もいる教室で男友達に話しているのを聞いてしまい、

友人は涙を流しました。

 

成功談

好きな男子がいた友人は、彼の部活動が終わるのを待ち、

人目のつかない場所でチョコとメッセージカードを渡しました。

その場で直接好きとは伝えられなかったですが、

メッセージカードに「これからも仲良くしてね」と書いたところ、

好きな男子から夜にお礼のメールと

「付き合いたい」ということを言われたといいます。

部活動が終わるのを待ってくれていたことや

バレンタインをもらえたことが、彼の勇気に繋がったのかもしれません。

 

まとめ

相手に想いを伝えるのは大人になっても勇気のいることです。

これまでの彼との関係性を考えて、

ぜひバレンタインというイベントを有効活用してみてください。

あなたの恋が成功することを願っています。

スポンサーリンク

コメント