スポンサーリンク

ママと赤ちゃんのトイレの練習の進め方のポイントとは?

出産・育児

トイレトレーニングを始める時期には、かなりばらつきがあります。

早いタイミングだと1歳代から始めるママもいらっしゃいますし、

3歳をすぎて始める方も。

一般的に保育園では1歳代からトイレトレーニングを始めるそうなので、

保育園に通っているとおうちでも早いタイミングで始める事が多いようですね。

 

一般的に、トイレトレーニングを始めるタイミングの目安、

というものがありますのでご紹介しておきましょう。

 
① ひとりで歩く事が出来る。
足腰がしっかりしてきて、おまるやトイレにまたがり、座ることができます。

 
② 大人の言っている事が理解できるようになってきた。
おしゃべりが出来るということではなくて、

ママの言葉の意図がわかっているかどうか、

というところがポイントです。

 
③ おしっこの間隔が2時間以上空くようになってきた。
膀胱が大きくなり、おしっこをためられるようになってきた、

という事です。

 

赤ちゃんのトイレの練習をするにあたって事前にしておくことは?


ある日突然、「おしっこはトイレでするのよ」と、

連れて行かれても、赤ちゃんは戸惑ってしまいます。

段階を踏んで、トレーニングを進めていくのが大事ですよ。

赤ちゃんもママも気持ち良くトレーニングが始められるよう、

必要な準備についてお話しておきますね。

 

① 環境を整える

うまくおしっこをするには、安定して座れてリラックスして

筋肉をゆるめられる事が大切です。

そのためのグッズを用意しておきましょう。

おまるや補助便座などです。

これには、それぞれメリット・デメリットがありますから、

お家の間取りや赤ちゃんの年齢、性格によって選びましょう。

 

例えば、リビングからトイレが遠い場合は

トイレに行くまでが大変なので、

室内でおまるを使うことから始めるのがスムーズです。

足が床について安定して座れるので、

1歳代で始める場合もおまるが良いですね。

始めからトイレに行くのを不安がり、

室内の方がスムーズに座れる赤ちゃんもいます。

そういった場合も、おまるから始めましょう。

 

おまるを使う場合の注意点は、タオルやシートを敷くなどして、

おまるコーナーを作る事です。

あちこち移動してしまうと、「排泄をするところ」という意識付けが

曖昧になってしまい、おもちゃのような感覚になってしまうからです。

使わない時にはタオルをかけておくなどの工夫をして、

「排泄をするところ」という意識付けをするようにしましょう。

 

トイレで補助便座を使う場合の注意点は、

極端に寒かったり暑かったり暗かったりしないように、

環境を整えてあげる事です。

一度、トイレに嫌な印象を持ってしまうと、

トイレに行く事自体を嫌がるようになってしまいます。

トイレで始めるメリットとしては、そのまま流す事が出来るので、

片づけに手間がかからない、という事です。

おまるの場合は、その都度流して消毒しなければならないので、

手間がかかります。

 

② 排泄のイメージづくりをする

絵本やDVDを使って、おしっこやうんちはトイレでするもの

というイメージを持たせましょう。

赤ちゃんはまねっこするのが得意なので、

兄弟や大人がトイレに行くのを見せるのも効果的ですね。

興味を持って、「自分も出来るようになりたい!」

と思ってくれればバッチリです。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんのトイレの練習の進め方やコツとは?


大切なのは、成功体験を積み重ねる事です。

始めのうちは、出そうなタイミングをねらっておまるやトイレに誘いましょう。

それが偶然でも、うまく出来た時にはたくさんほめて

「出来た!嬉しい!」という体験をさせてあげると、

自分から「トイレに行きたい」と意志表示が出来るようになってきます。

 

また、始めのうちはたくさん失敗して当たり前です。

失敗する事がママのストレスになって、つい赤ちゃんを叱ってしまう・・

なんて事にならないよう、始める季節も大切!

薄着になる春から夏に始めるのがおススメです。

薄着だとパンツやズボンの脱ぎ履きもスムーズで、

洗濯物も乾きやすいので、ママの負担が軽くなります。

また、洗いにくいカーペットなどもいったんなくしましょう。

床だと、失敗した時もサッと拭くだけなので楽チンで清潔です。

 

赤ちゃんのトイレの練習が楽しくなる工夫とは?


上手にトイレでできたらシールを貼る、

などのごほうびを使ってやる気をアップさせたり、

トイレのインテリアを楽しく可愛いイメージに変えてみましょう。

 

いろんな方法で、赤ちゃんのまねっこ欲

たくさん刺激してあげるのも大切です。

何よりも、「出来るようになりたい!」という気持ち、

「出来た!」という気持ちを感じさせてあげるのが一番ですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

トイレトレーニングはあせらずに少しずつ進めるのが大切です。

難しければ、いったん中止しても良いのです。

失敗して当たり前、という事を心にとめて、

無理せずはじめてみましょう!

スポンサーリンク

コメント