同窓会なんて行きたくない!独身女性の悩みとは?

行事

同窓会、みなさんは進んで参加していますか?

それとも参加しない派、したくない派ですか?

特に30歳代ともなると、既婚者と未婚者が入り混じる年齢です。

仕事の面でも、20歳代の新入社員同士の時代も越え、差が出てくる時期ですね。

そんな複雑な心境が渦巻く同窓会。

世間の人はどう考えているのでしょうか。

 

同窓会に行きたくないのはなぜ?


同窓会に行くか行かないか、それはやはり現在の自分はどうなのか。

という問いかけから入ると思います。

そして、次に考えるのが、

参加する人はみんな成功したひとだけかも。では?

 

あるアンケートによると、

同窓会に行きたくない理由として挙げられているのが

・自慢話を聞きたくない
独身だと哀れに思われそう
・おばさんになったと思われたくない
・服装、体系をチェックされそう

などでした。

30歳代で開かれる同窓会は既婚者、未婚者が入り混じる年齢です。

でも、既婚者だから勝ち組、独身だから負け組などという

単純な心境ではなく、それぞれの立場で

いかに充実した人生を送っているかが肝心のようです。

そこで、自分は充実していない、幸せではない、と感じさせられるかも。

と思ってしまったらやはり進んで参加しようという気にはなりませんよね。

 

そのほかにもわりと単純な理由として

・面倒くさいから
・仲のよかった友達が行かないから
・会費が高いから

などもありました。

 

やっぱり同窓会に行きたくない!独身の人が感じた格差!


そんなに深くかんがえてはいけないと思いつつも

やっぱり考えてしまうのが同級生との格差。

格差を感じた人は

・結婚して子供もいる人から独身の人を見ると、
 自由に見える、服装からして違う。
・独身で恋人もいない人から見ると、結婚して子供もいる人が
 すごく幸せそうにみえる。
・職業の格差。

など、お互いに羨む傾向にあるようです。

小学校・中学校に通ってた時は格差など感じず、

スタートラインはみんな同じだっただけに、

格差を感じた時のショックが大きいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

同窓会に行きたくない独身の人の上手な断り方とは?


同窓会に行くか行かないか、考えるだけでモヤモヤしたり、

心がざわついてしまうなら、いっそのこと

きっぱり行かないと決めたほうが、

平穏に日常生活を送れていいのかもしれません。

行かないと決めたら、その断り方ですが、

ここでも注意しないと、何を言われるか…と心配になってはいませんか?

できるだけスマートに断りたいですよね。

 

一番断りやすいのはやはり、仕事です。

次に、何回も使えませんが冠婚葬祭の行事

子供がいる人は、まだ小さいから、など言えますね。

あと、一度出席と言ったもののやっぱり行きたくないときは体調不良を理由に。

でもこれは、幹事の人や会場となるところに迷惑がかかることもあり

考えてなるべく避けたいものです。

 

まとめ

同窓会と言えば楽しいイメージですが、年齢や立場によっては

素直に楽しめないのが現状なのかもしれません。

他人と比較してはいけないと分かっててもつい比べてしまいますよね。

でも必要以上に落ち込むのはいけません。

自分の平穏な日常を乱してまで参加することもありません。

 

同窓会に参加してもしなくても少し学生時代のことを思い出し、

これからの人生を考える良いきっかけになるといいですね。

スポンサーリンク

コメント