恵方巻きの具材のおすすめは?基本の形から意味は?

恵方巻き

近年、節分の季節になると、メディアでも騒がれる「恵方巻」

節分の日に、今年の縁起の良い方角(恵方)を向いて、

巻きずしを食べる行事です。

もともとの起源の話はいくつかありますが、

ほとんど大阪が舞台になっています。

大阪は商人の町、恵方巻の販売を広げるため、

商売上手があの手この手で宣伝をした過去があります。

ですので、今でも馴染みのない消費者が

「なにこれ?」と首をかしげる中、せっせと売り続けているのは、

そういった背景があるせいかもしれません。

とはいえ、恵方巻は巻きずしですので、特別なものを準備する必要はありません。

最近は、節分の行事をすることが減っていますし、

節分の楽しみの一つとして、恵方巻を食べるのもいいですね。

スポンサードリンク

 

恵方巻きの具材の基本ってなに?


恵方巻の話の中には、大正時代に大阪の花街で、

芸者が節分にその年の恵方を向いてお新香巻きを食べていた、

という話があります。

どうも花街だけの風習らしかったのですが、

そこに目を付けた大阪商人が一般向けに「恵方巻」を売り出し始めました。

 

現在では「恵方巻」は縁起物ということで、

七種類の具を巻いて食べるのがよい、とされています。

七種類とは、「七福神」を指します。

巻く具材をめでたい神様に見立てて、より多くの福を巻いて頂くということ。

また、太巻きを、節分で追放された鬼が置いていった金棒と見立てて、

太巻きを食べるのを鬼退治としている場合もあるとか。

しかし、七種類の具材を必ず巻かなければならない、

というわけでもなく、逆に少なかったり、多かったりすることもあります。

 

また、人によっては、太巻きではなく細巻きを食べたり、

手巻き寿司を食べたりと、巻きもの自体のバリエーションもあります。

先に出たお新香巻きでも間違いではないんでしょうね。

スポンサードリンク

 

恵方巻きのそれぞれの具材の意味は?


恵方巻の中身を七福神と例えていますが、

具材はこれというものはありません。

つまり、恵方巻の具材として、きゅうりだとか、

一つ一つの具材に意味はありません。

例えていえば、普段はなんの変哲もないホールケーキも、

クリスマスの時期になれば、クリスマスケーキ

として売られている、そういった感じです。

普段の巻物のお寿司が、節分になると恵方巻と名付けられる、

というわけです。

ですので、助六の太巻きでも、サラダ巻きでもよいし、

お好みの具材を巻いてもいいんですよ。

もちろん、七種類の具を必ず使わなければいけないこともありません。

 

恵方巻きの具材のおすすめは?


おすすめは、「好きな物」です。

アドバイスにはならないとは思いますが、現状を見る限り、

そう言わざるを得ない状況ですしね。

 

一番人気な具材は、やはり普段からなじみのある、助六寿司にある太巻きです。

その他、アボガド、エビといったカルフォニア巻きから、

肉巻き、フライ巻きなどさまざまな商品が出ています。

ご家庭で作るなら、アレルギーにも配慮できます。

ネット上にも、恵方巻向けのレシピがたくさん上がっています。

どうぞお好きな物を使って、楽しんでください。

 

お寿司に限らず、お菓子の恵方巻というものも売られるようなりました。

お寿司にこだわりがなければ、手軽にこういったものを使って楽しむこともできます。

甘党の方はいかがでしょうか。

 

まとめ

恵方巻の歴史はそれほど長くもなく、ビジネスの手段で広まった行事です。

一応恵方巻は、今年の縁起のいい方向を向いて、

切っていない1本の太巻きを、しゃべらずに食べる、ということになっています。

しかし、中には「笑いながら食べる」という人もいます。

ここまできますと、何が正式なものなのか、分からなくなってきますね。

筆者としては、クリスマスやバレンタインのように、

本来の意味はさておき、軽い季節の行事のように楽しめばよいと思っています。

みなさんは、どう思いますか?

スポンサードリンク

コメント