しっかり確認!ディズニーランドに子連れで行くときの持ち物は?

ディズニー

家族そろってのお出かけは子供にとって一大イベント!

それがディズニーとなったらもう大興奮ですよね。

お子さんを喜ばせようと気合を入れて行くお父さんお母さんも多いはず。

そこで今回は

「これさえあれば安心!ディズニーをより楽しめるアイテム」

をご紹介します。

スポンサードリンク

 

ディズニーランドに子連れで行くときの持ち物は?

①「ノートとペン」

ディズニーで一番初めにやってくるイベントと言えば…

そう、キャラクターとの触れ合いタイムですね。

皆さん大好きなキャラクタとたくさん写真を撮られていると思います。

ですが、中には写真だけではものたりない!

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回ご紹介するのが「ノートとペン」です。

こちらを大好きなキャラクタ―の前まで行って差し出してみてください。

すると各キャラクターオリジナルのサインを書いてくれます。

ノートの右側にサインをもらい、後日、左側に家族で撮った写真を貼れば

オリジナリティあふれる素敵な写真集があっという間に出来上がり!

エントランスだけでなく園内のいたるところに様々なキャラクターが登場しますので

見かけたら駆けつけてサインをゲットしてみてはいかがでしょうか。

 

②「小袋のおやつ」

ディズニーで待ち受ける最大の難関と言えば

なんといっても待ち時間の長さですよね。

小さなお子さんはもちろん、パパママにとっても苦しい時間です。

中々進まずイライラしてしまい、家族が険悪なムードに・・・

なんてことは避けたいですよね。

そこで活躍するのが「ちょこちょこつまめる小さなお菓子」です。

筆者の家ではポップコーンケースの中に

小分けになったスナック菓子やチョコレート、

飴玉などを入れて持って行きます。

いろんなお菓子を入れておくと、

「何が出るかな~」と家族みんなで楽しみながら待ち時間につまめるので

楽しく過ごすことができます。

袋に占いやクイズがついているお菓子があるとより盛り上がりますね。

そうして遊んでいるうちに気が付いたらもう乗り場の前に!

となること間違いなしです。

そしてポップコーンケースが空になったら

好きな味のポップコーンを買って2度楽しみましょう。

 

③「レジャーシート」

ディズニーでの遊び方は人それぞれ。

たくさんアトラクションに乗りたいという方もいれば

ショーを楽しみたいという方もいますよね。

筆者もどちらかというと

一つでも多くアトラクションに乗りたいというタイプです。

ですが最近のショーはクオリティがどんどん上がっており、

気が付いたら立ち止まって最後まで観てしまったなんてことも。

急にショーが見たくなってもすぐ場所取りができるよう

レジャーシートが一枚あると安心です。

 

また、ショーを見る時間で特におススメなのがお昼から15時の間です。

明るい時間帯なのでキャラクタの写真もしっかり撮れますし、

一休みにもなりますので、ショーが終わってからまた

「さあ、遊ぶぞー!」と元気よく再スタートが切れます。

ショーが終わったくらいの時間でファストパスが取れていると

アトラクションもすぐ楽しめるので時間のロスが少なくて済みますね。

スポンサードリンク

 

ディズニーランドに子連れで行くときはトイレ状況をしっかり確認!


続いて要チェックなのがトイレの位置です!

こちらが結構厄介で、混んでいるエリアと比較的空いているエリアがあります。

コツは、なるべく空いているエリアにいるときに行くことですが、

お子さんがいると中々そうも言っていられませんよね。

そこでまずおススメなのが、入園前に外のトイレに行っておくこと!

始まる直前に家族で交代しながら行っておきましょう。

それだけでも午前中はだいぶ違います。

 

また、長時間並ぶアトラクションに挑む際にも

事前に行っておくことをお勧めします。

長時間のものほど意外と先に進んでしまい、

合流できずにずっと乗れないなんてことも。

それではせっかく並んだのにもったいないですよね。

そうならないためにも、トイレはしっかり澄ませてから並びましょう。

 

また、たばこを吸われる場合には

トイレの近くに喫煙所があることがほとんどですので、

喫煙所とセットのトイレの位置を最初に確認しておくのが良さそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ディズニーはたまにしか行けないからこそ、

行ったその日は思う存分遊んで良い思い出にしたいですよね。

そのためには事前の準備が欠かせません。

持ち物はリストにしてチェックをするくらい入念に準備をして臨みましょう。

スポンサードリンク

コメント