忘年会の幹事必見!当日挨拶~準備、店選びまで徹底網羅!

忘年会

年末に行われる忘年会で、幹事に選ばれたことはありませんか。

幹事に選ばれると普通の人と違って、挨拶や準備をすることになります。

それらができるようになると、

ほかの参加者たちと楽しく忘年会を始めることができます。

スポンサードリンク

 

忘年会の幹事に選ばれた!始まりの挨拶はどうする?


幹事に選ばれると、やらなければならないことがあります。

自己紹介と挨拶です。

参加者たちは早く酒などを飲みたがっているので、

簡潔に終わらせる必要があります。

自己紹介では自分の名前を言った後、

「今年の忘年会を始めます。」「今までご苦労様でした。」など

参加者たちをわくわくさせるような内容を伝えましょう。

 

そのあとに参加者たちと酒を飲んだり、ゲームをしたりなど盛り上がりますが、

社長や上司がいると少々厄介になります。

社長から何かと指摘される可能性があるので、

社長や参加者たちにはっきりと納得できる自己紹介が必要になります。

挨拶では「ありがとうございます。」

「司会は私が務めさせていただきます。」「よろしくお願いします。」

などをはっきり言えば問題ありません。

司会進行役が不慣れかつ初めてだったら

「不慣れなところで至らない点が多々あります。」

と言えば、参加者たちは納得してくれます。

 

「社長に開会のご挨拶を頂戴したいと思います。

社長、よろしくお願いします。」

と社長に自己紹介をしてもらう必要があります。

そして社長の演説を聞いてから参加者たちと盛り上げます。

演説を聞き逃したり、無視すると、社長から指摘されるので気を付けましょう。

 

最後に、みんなで乾杯をします。

ここでも注意しなければならないところがあり、

誰が先に発声するのかを決めます。

社長かそれとも自分かを決めます。

そうしないと、参加者たちはいつ乾杯すればいいのかわからず、

混乱してしまいます。

「社長、ありがとうございました。

それでは皆さんお待ちかねの乾杯に移りたいと思います。

みなさん、準備はよろしいですか。」

「社長、乾杯の合図をお願いします。」

などを伝えておけば、参加者たちは乾杯の準備ができます。

 

忘年会の幹事がする当日までの準備とは?


この場合は店の予約と予約時間内に会を進めて

終わらせることが義務付けられます。

予約をする前に他の参加者たちと相談して、

どの店にすればいいのかを決めます。

自分だけ決めてしまうと、参加者たちの不満を買ってしまうので注意です。

店が決まったら予約し、何時に入るか、何時に終わるかを決めます。

みんなで待ち合わせ時間を決めた後、忘年会の日まで待ちます。

そして待ち合わせ場所に参加者たちが集まったら、

予約した店に入り、予約時間内に忘年会を開始します。

スポンサードリンク

 

忘年会の幹事はしっかり確認!店選びのポイントは?


店選びをするときに、大事なのは

参加者たちにとって人気の店はどれか、予算に合うところはどれか、

延長料金、キャンセル料金が発生する店はどれかを確認することです。

人気の店は参加者たちとの多数決で決めると早く決まります。

 

さらに店の特徴やメニューをあらかじめ

参加者たちと相談すれば、注文する時間が省けます。

予算に合うところは集合しやすいところ、

十分な広さを確保できるところ、参加者の年齢や性別に合うところ、

割引券などが使えるところなどがあげれらます。

特に参加者の中に割引券を持っている人がいるなら、

割引券が使える店を優先するのがベストです。

 

延長料金とキャンセル料金が発生する店は非常に厄介です。

たとえ多数決で決めたとしても、割引券が使える店だとしても

延長及びキャンセルに料金が発生すると、

幹事が責任をもって払わなければなりません。

予約時間通りに参加者たちを入らせ、時間内に終わらせる必要があります。

 

まとめ

幹事はけっこうつらいところがありますが、

最後までできたら、周りから信頼されるようになるので、

やりがいが見いだせます。

仕事でも同じように幹事を務めれば、

仕事仲間に対して指揮を執ることも不可能ではありません。

いつか社長から自分の片腕として信頼されるようになるかもしれません。

スポンサードリンク

コメント