旦那が低収入でもちゃんと子供を育てきることは可能なの!?

出産・育児

子供は欲しい!けど、お金が心配。

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

ほとんどの子供が大学や短大、

専門学校などに進学すると言われている近年。

学費も含め、子育てにかかるお金は

2000万~3000万円と言われています。

 

大きな金額過ぎて全然想像できないと思います。

例えば年収が400万円だとすると、

その5~6倍の金額が子供一人育てるのに必要ということなんです。

 

それじゃぁ、とてもじゃないけれど旦那の収入じゃ無理だ・・・

と落ち込んでしまうかも知れませんが、

低収入でも子育てできる方法を一緒に考えてみませんか?

スポンサードリンク

 

低収入でも自信を持って妊活できる!?


まず妊活についてですが、

自然妊娠を望む場合を考えてみましょう。

 

一般的に、自治体で母子手帳を貰う際に

妊婦健診補助券が配られます。

妊婦健診には大体5万円程度必要と言われていますが、

この補助券によって自己負担を半額程度に抑えることができます。

自治体によって補助券の内容は多少違うようですので、

確認しておくと安心ですね。

また、それに加えて、自治体によっては

低所得者向けの助成制度があります。

お住まいの自治体に確認するといいでしょう。

 

出産についても、健康保険に加入している場合は、

42万円の出産育児一時金という給付金が受け取れます

平均で40万円前後必要と言われる分娩に伴う入院費などですが、

この出産育児一時金によって自己負担が大幅に軽減されますね。

 

これだけではなく、

働いていた会社に籍がある場合は出産手当金が出ますし、

帝王切開など健康保険が適応される出産をした場合の

自己負担を軽減させる高額医療制度など、

色々な制度が設けられています。

ご自分に当てはまるものを、一度調べてみるといいですよ!

 

妊婦健診でかかった費用や出産にかかった費用

医療費控除の対象になりますので、

利用した公共交通機関の料金や、

タクシーなどの領収書は必ず保管しておきましょう。

 

そして、今は児童手当の制度があります。

支給対象年齢は0歳から中学卒業までで、

厳密には所得制限もありますが

一人っ子の場合の総額は198万円にもなります。

これは大きいですよね!

スポンサードリンク

 

困難があるからこそのオリジナリティある人生!?


お金が少ないという事は、知らず知らずのうちに

精神を疲弊している場合があります。

お金の心配ばかりして、余裕が持てなくなったり、

イライラしたり、家族に当たってしまったり、

何より子供を大切にできなかったり。

そんな時は、お金さえあれば…と思うかも知れません。

 

ですが、考え方を変えてみませんか?

まずは、ママになるあなたがポジティブになる必要があります。

悩むこともあるでしょうし、喧嘩をしても全然かまいません。

ですが、そのあとは笑って過ごせるようにしたいですね。

 

最近ではSNSやネットが発達しているので、

簡単にいろんな情報を入手することができます。

同じ悩みを抱える人は絶対にいますし、

もし、その人が楽しく日々を過ごしているなら、

その生活や考え方なんかを参考にしてみてはいかがでしょう?

 

旦那が低収入だからってあきらめるのはまだ早い!?


旦那が低収入だからと言って、

子供を諦める前にもう少し考えてみましょう!

例えば、あなたが心身ともに健康で働ける状態なのであれば、

子供を預けて働くという選択肢もあると思います。

 

子供を預ける場所がない場合は、在宅ワークという働き方も

今はとても増えていますね。

子供をみながら、空いた時間に仕事ができるのって、

子育てママにはもってこいだと思います。

 

他にも、苦じゃなければ、節約を頑張ってみるのも一つの方法です。

節約自体が自分を苦しめてしまうなら本末転倒です。

楽しんでできる方法を探してみましょう。

電気やガスが自由化されたことで、無駄を省きやすくなりましたし、

携帯電話だって、格安スマホが沢山でています。

最近ではポイントサイトなどをうまく利用して

買い物されている方も多いようですよ!

自分に合ったやり方で、日々の節約を始めてみませんか?

 

更に、旦那さんの転職を考えてみるのも一つの手です。

これにはリスクも伴うでしょうから、

よく話し合って決めなければいけません。

ですが、うまくいけば、旦那さんの年収が上がる場合もありますよ!

 

子供が生まれたら、小さい内に多めに貯金をするのがポイントです。

児童手当もありますし、お祝いもあるでしょうし、

医療費も自治体によっては無料になる制度があります。

あまりお金のかからない時期がチャンス!

コツコツ貯金しておくといいですよ!

 

まとめ

大切なことは、夫婦や家族でよく話し合うことです。

困難は共有することで、本当に気持ちが楽になります。

不安なことを一人で抱える必要はないんですよ!

大学に行かせたければ、奨学金の制度もあります。

自治体によって助成制度を設けているところもあります。

相談窓口だってあります。

 

予測するのは大切なことですが、現状だけを見て

子供を諦めてしまうのは少し悲しいですよね。

前向きに一緒に頑張っていこう!

という思いで妊活されてはいかがですか^^

スポンサードリンク

コメント