今更聞けない!大晦日の意味は?年越しそばを食べる由来は?

行事

一年の終わりと言えば大晦日、大晦日と言えば年越しそば。

子供から大人、ご老人まで

当たり前のように過ごす年末一大イベント。

 

実のところ、意味や由来まではそんなに詳しく知らない・・・

なんて方も結構いるのではないでしょうか。

そんな私も、今まで何も知らずに蕎麦を食べ、

年を越してきました。

 

でもそこは日本の伝統行事ですし、

やっぱりきちんと説明できてこそ素敵な日本人。

だけど今更聞けない、そんな貴方に

私が調べた全てを共有しましょう。

 

知れば知るほど、

いつもとはちょっと違った気持ちで

年末が過ごせるかもしれません。

スポンサードリンク

 

大晦日の意味を簡単に説明できるようになりたい!


それでは簡単に、大晦日について説明いたします。

大晦日の由来、そこには旧暦の「晦日」が関係しています。

旧暦では月の満ち欠けで暦を決めていて、新月を一日、

月が見えなくなる三十日目を「三十日(みそか)」と呼んでいました。

 

ですが三十一日目まで月が見える事もあった為、

転じて、日付に関係なく月末を指す言葉として

「晦日」へと変化していきました。

 

また、晦日は別名「晦(つごもり)」とも呼ばれており、

これは「月隠り(つきごもり)」が転じたもので、

月が隠れるという意味になります。

一年の最後となる特別な晦日には「大」が付き、

「大晦日」と呼ばれるようになりました。

スポンサードリンク

 

大晦日に年越しそばを食べる意味や由来は?


大晦日に縁起を担いで食べる蕎麦、それが年越しそば。

江戸時代から定着した風習であり文化、

さらに風物詩でもあります。

 

細く長く伸びる蕎麦には、

・ずっと健康、長寿になりますようにと願いが込められているという説

・箸で切れやすいので年内の厄も切り捨てられるよう願ったという説

・家族の縁が蕎麦のように長く続いていくよう願ったという説

余談ですが「引っ越しそば」にも同じく、蕎麦のように

「末永くよろしくお願いいたします」という意味が込められています。

 

他にも、

・蕎麦は体内の毒を取るとされていた為、健康に新年を迎えようとした説

・金銀細工師が蕎麦団子で金粉を集めた為、新年に金運向上を願ったという説

・蕎麦殻を焼いた灰で洗うと汚れが落ちる為、年内の穢れを落とすという説

・蕎麦の実は天候不良に強く、その丈夫さから健康を願ったという説

など様々な諸説があり、みんな思い思いに

意味を込めつつ蕎麦を食べていいました。

 

由来としては江戸時代中期、

月の最終日には商家で蕎麦を食べる

「三十日蕎麦」という風習があり、それが転じて

大晦日だけの特別な年越しそばになったのではないか、

とされています。

 

別の話では、鎌倉時代、年の瀬を越せない町民の為に

博多の承天寺が「世直しそば」として蕎麦餅を振る舞った翌年、

町民の運気が上向いたので大晦日に蕎麦を食べるようになった、

そこから転じて年越しそばとして広まった、という説もあります。

 

まとめ

・旧暦の月末を指す晦日が大晦日の由来

・大晦日は年内最後の特別な晦日という意味

・年越しそばとは、大晦日に縁起を担いで食べる蕎麦

・健康や長寿、金運向上や厄払いなど意味を込めて食べる

 

これまで由来や意味も知らず過ごしてきた大晦日、年越しそば。

調べてみると思った以上に歴史あり、諸説ありの

興味深い行事でありました。

最後まで話を聞いてくれた貴方も、何となく正月を迎える前に、

家族や友達、その他大勢に、

「大晦日とは」「年越しそばとは」と語ることができるでしょう。

 

それとともに貴方自身も、

「本当に月は隠れているかな」なんて空を見上げたり、

「来年も健康になりますように」なんて思いつつ蕎麦を啜ったり。

ちょっとだけ特別な年越しを過ごせるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント