町内会の会費を払わないとどうなる!?トラブルの実例を紹介

町内会・自治会

ただでさえ面倒な町内会や自治会の活動。

行事に参加するわけでもないし、

自分にメリットがない気もする。

その上、会費が結構高い!

と悩んでいる方も少なくありません。

 

町内会費や自治会費は、

月額で300円~1000円程度が多いようですが、

中には2000円を超えるところもあるんだとか。

本当は会費なんて払いたくないのに・・・

でも払わなければどうなるんだろう?

そんな疑問とトラブルについて、一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

会費を払わなかった場合に起きたトラブルの実例を紹介


一番よく見るトラブル相談と言えば、

会費を払わなかったせいで

ゴミの収集はしないと言われたというトラブルですね。

本来、町内会にゴミを捨てさせない

という権利はありません。

町内会を脱退したとしても、

基本的にはゴミを出すことができます。

ただ、ゴミ収集場所を住民が

当番制で掃除をする

などのルールがある町内会の場合は、

ゴミ捨てを拒否されることもあるみたいですね。

 

他にも、回覧板や市報などの

配布をしてもらえない事もあるそうです。

町内会費で賄っている備品などを

使用させてもらえないなどのトラブルも

発生することがあるようですよ。

災害時に助けてもらえないよ!

などと脅されたりする場合もあるんだとか。

こんな風にトラブルを見てみると、何だか

町内会ってすごい権限を持っているように見えますよね。

実際に法的にはどうなっているのでしょうか?

 

払わないと法的問題は?


まずは、町内会の規約が

どうなっているか確認しましょう。

ほとんどの地域では

町内会への参加は強制ではありません。

町内会に入ってしまっては、

会費の支払い義務が発生するかもしれませんね。

もし払いたくないなら、脱退するのも一つの手だと思います。

 

そもそも、任意である町内会に入ることが

法律で決まっているわけではありませんし、

脱退したからといって法的に問題があるのか

と言えば全くありません。

これは頭に置いておいた方が良いと思いますよ。

 

ただ、アパートならまだしも、

新興住宅地や集合住宅などにお住まいの方で、

その地域にこれからも住む予定なのであれば、

近隣住民との関係性がこじれる場合があるので、

法的に問題ないからと言って、

すぐに脱退すると決めてしまわずに、

少し考えた方が良いかも知れませんね。

スポンサードリンク

 

一言、班長に声かけをしてトラブルを回避しよう!


例えば、町内会や自治会の役員の方や

班長さんなどと仲がいい場合は、

一言相談してみても良いかもしれません。

 

町内会費を払ってない人や、

過去に払わなかった人は

どこの町内会にもきっと一人や二人はいるはずです。

その場合、町内会ではどのような対処をするのか

探ってみましょう。

上にも書いたようなトラブルが起るような町内会なら、

やはり脱退も考えるべきでしょうし、

ペナルティがある場合もあるかも知れませんからね。

 

また、町内会費を払いたくないのではなくて、

高すぎて払えない場合もあるかも知れません。

これからも町内会の会員としてやっていきたい場合は、

会費の支払いを分割などにできるか

相談してみてもいいと思いますよ。

 

まとめ

町内会費が高いから払いたくない!ではなく、

まずは町内会費が何のために使われているかを、

きちんと知っておくことが大切だと思います。

 

町内会費の使われ方や、

不明瞭な点が見つかった場合は

脱退も検討していいでしょう。

何もせずに、ただ会費を滞納するのだけは

避けた方が良さそうですね。

 

そしてもう一つ。

町内会に入会する時は、

必ず規約に目を通しておいた方が無難です。

会費問題だけではなく、

役員の選出に関する事項の記載も

あるかも知れませんし、

町内会活動を欠席した場合の

ペナルティなどの記載もあるかも知れませんからね。

知らない内に、トラブルに巻き込まれないように、

入会前にきちんと調べておくことを

強くおすすめします。

スポンサードリンク

コメント