インフルエンザの予防接種の効果って? 子供に効果なしってホント!?

病気

寒くなってくると、

今年もインフルエンザが流行するのでは、

と心配になりますよね。

でも、ネット上などでは、

インフルエンザの予防接種は効果がない、

などと書かれているのをたびたび見かけます。

それでも予防接種は受けた方が良い、

とも聞くし、死亡例もあるので、

小さな子どもがかかってしまうと心配ですよね。

 

たくさんの情報が溢れていて、

どれが信用できる情報なのか判断がつかない、

というのが実際のところではありませんか?

今日は、インフルエンザの予防接種について

詳しく調べてみましょう。

スポンサードリンク

 

インフルエンザの予防接種の効果って子供にはどれくらいあるの?

「有効率」という数字で表すと、

6歳以下の子どもの場合は30%ぐらい、

と言われています。

(いろんな研究がされいるので、

50%ぐらい、というデータもあります)

ちなみに7歳以上の子どもは

70~90%なので、比べるとかなり低いです。

 

ただ、この「有効率」の考え方

ちょっとややこしくって、

有効率30%というのは、

100人が予防接種を受けたら30人はかからない、

という意味ではないのです。

例えば、予防接種を受けた100人のグループと、

予防接種を受けなかった100人のグループがいたとします。

受けなかったグループは60人感染したけど、

受けたグループは42人しか感染しなかった。

60人感染していたはずのところ、

42人に減ったので、30%の予防効果があった、

という考え方です。

これを、効果ありと感じるか、

なしと感じるか、それは人それぞれですね。

 

インフルエンザの予防接種は効果なし!ホント?ウソ?

まずは、インフルエンザワクチンには

具体的にどんな効果があるのかを調べてみました。

ポイントは2つです。

 

① 「感染」を完全に抑える働きはない

② 「発症」「発症後の重症化」の

 予防に効果がある(ただし100%ではない)

 

ちょっと意外ですよね。

なんとなく、予防接種というのは

「感染」を防いでくれるものだ

と思い込んでいませんでしたか?

たぶん、この、

「感染」を完全に抑えることはできない、

というところが、インフルエンザワクチンには効果がない、

という情報につながっているのだと思います。

 

たとえ感染したとしても、

症状を軽く抑えられたり、

重症化するのを予防してくれることが、

ワクチンに期待する最も大きな効果なんですね。

そういった意味で、

「インフルエンザワクチンは効果がない」

というのは間違いだと、個人的には思うのです。

 

インフルエンザにかかると、

高熱や関節痛などとてもツライ症状がでますが、

しっかり栄養と休養をとれば、

1週間ほどで回復するものです。

怖いのは、重症化する事です。

もともと持病があったり、

体力のない乳幼児や高齢者の場合などです。

なので、感染は防げなくても、

発症や重症化を予防できる、

というのは大きな効果である、

と考えられるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

インフルエンザの予防接種の効果はいつからいつまで?

実は、ワクチンをうっても、

すぐには予防の効果は出ないのです。

予防接種をしてから1~2週間かけて抗体が作られるので、

インフルエンザが流行り出してから打つのでは

意味がありません。

 

予防接種の効果が続くのは、

一般的に5カ月と言われています。

インフルエンザの流行は、

だいたい年末から3月ごろまでで、

特に1月~2月がピークですので、

逆算して12月中旬頃までに

接種しておくのがベストです。

ちなみに、抗体は体内に残らず、

次のシーズンには効果はなくなっているので、

毎年接種する必要があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネット上のさまざまな情報の

根っこの部分を探ってみましたが、

参考になりましたか?

インフルエンザが猛威をふるう前に、

しっかりと対策をしたいですね。

特に小さなお子さんがいらっしゃる場合は、

予防する事が大切です。

家族みんなが元気に冬を過ごせますように!

スポンサードリンク

コメント