恵方巻の2018年の方角は?食べ方や時期について。

恵方巻き

子供が生まれると、今まで気にしていなかった行事が

意外とたくさんあることに驚かされます。

例えば、「恵方巻を食べるのはいつだったっけ?」

という具合に何となく知ってはいても、

改めて聞かれると思い出せないことってありませんか?

恵方巻と聞いて、ぱっと思い出すのは節分ですよね。

 

みなさんは節分についてどれくらい知っているでしょうか。

2月3日辺りに豆まきをして、

恵方巻と呼ばれる太巻きを食べる。

「鬼は外、福は内」という掛け声で豆まきをする。

その年の決まった方向を向いて太巻きを無言で食べきる。

お恥ずかしながら、私も子供が生まれるまでは

この程度の知識しかなく、独身の頃なんかは、

ほとんど節分を意識したことはありませんでした。

子供に質問された時、

自信を持って答えられるようにしておきたいですね。

スポンサードリンク

 

恵方の時期は?2018年の方角は?


節分に食べる太巻きの事を恵方巻と呼ぶのは、

「恵方」と呼ばれる縁起の良い方向を向いて

太巻きを食べるからです。

ご存じの通り、恵方はその年によって変わります。

恵方が毎年変わるのは、

歳徳神(としとくじん)という神様のいる方向が

毎年変わるからだと言われています。

太巻きを食べる方向としてだけではなく、

その方向で何かを行うと縁起がいいと言われているんですよ!

 

ちなみに、2018年の恵方は南南東です。

忘れそうで不安な方もいるかも知れませんが、

節分の時期が来たら恵方巻を売っている場所では

必ず恵方をお知らせしてくれているので、

心配しなくても大丈夫ですよ。

 

恵方巻きの時期は年に4回ある!?


さて、肝心の節分ですが、私は2月3日だと思い込んでいました。

ですが「節分」というのは、

季「節」を「分」けるという意味なのです。

日本でいう季節を分ける日とは、

立春・立夏・立秋・立冬の4つ。

つまり、節分は年に4回あることになりますね。

 

その4つの中でも立春である2月に、

この春からの一年の幸福を願う特別な日として

豆まきをしたり、恵方巻を食べる習慣ができたそうですよ。

ちなみに、春の節分が2月3日と

決まっているわけではないのをご存知ですか?

 

春の節分は立春の日の前日という位置づけです。

つまり、立春の日によって節分の日も決まってくるんです。

暦の度数などによって2月2日だったり、

2月4日だったりと微妙にずれたりするんですって。

2018年は2月3日なのでご安心を^^
恵方巻の時期が4回あるって本当?と疑問に思っていた方!

節分は一年に4回あるので、

全ての節分で恵方巻を食べるなら、

恵方巻の時期が4回あるのは本当!

という事になりますね。

スポンサードリンク

 

恵方巻きの正しい食べ方を教えます!


そもそも恵方巻というのは関西が発祥のようで、

七福にちなんで7種類の具材を巻いた

「まるかぶり寿司」として食べられていたそうですよ。

福を逃がさないために、

一本まるごと食べきって、福を全ていただく

という意味合いが持たれていたんだとか。

その風習が今では全国に浸透していますよね。

 

では、恵方巻の正しい食べ方をまとめておきます。

恵方巻の正しい食べ方のポイントは3つあります。

① よそ見をせずに、恵方だけをを向いて食べる
② 最後まで黙って食べる
③ 一本を一気に食べる

この3つです。

太巻きって切り分けて食べるのが普通だと思いますが、

恵方巻の場合は一本まるごとを休まず食べるのが正しいそうです。

子供も楽しんで食べられるので、

家族みんなでやってみてはいかがですか?

ただ、子供やお年寄りの方の太巻きは細めに作るなど、

十分に咀嚼できるように気を付けてあげてくださいね。

 

まとめ

以上、節分や恵方巻について、

少しは詳しくなっていただけたでしょうか?

2018年の春の節分には、

ご家族で豆まきをしたり、恵方巻を食べて

楽しい恒例行事の一つとしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメント