ママ友からいじめにあわず、嫉妬されないための事例と対策!?

ママ友

子供を持つ親という共通点から、

ママ友という新たな交友関係が生まれます。

 

小さい子供同士が

あっという間に仲良くなるのを

羨ましいと思ったことはありませんか。

これまでの人生では避けてきた性格の人などとも

関わらなければいけないこともあります。

やっと仲良くなれたと思ったのに、

ある日突然始まるのが「いじめ」です。

できることなら「いじめ」にあわず、

平穏な生活を送りたいですよね。

 

今回はママ友からのいじめに合わない

対策方法について紹介します。

スポンサードリンク

 

≪ママ友同士の具体的ないじめや嫉妬に繋がる事例集。≫


ママ友間のいじめには

どのようなものがあるでしょうか。

いじめの方法で多いと言われているのは、

「悪口や陰口を言うこと」、

「無視や仲間外れにすること」です。

具体的には、自分がいないところで

自分の悪口や噂話がされ、それが

どんどん他のママ友へと広がっていきます。

 

ママ友の中心的な存在の人が率先して

無視や仲間外れを始めた場合、

それに逆らえないママ友は

自分が嫌でもいじめの加害者側として

参戦しなければなりません。

不意に始まるママ友からのいじめ

なぜ起こるのでしょうか。

 

多くの原因は嫉妬ではないでしょうか。

自分よりいい家に住んでいる、

明らかに自分よりお金がありそう、

自分の子供より成績がいいなど、

自分のことだけではなく、

子供や夫のことが原因となることもあります。

 

≪ママ友の付き合いをしながらさりげなく情報収集!≫


ママ友間で上下関係がないことが一番ですが、

中心的なママ友が存在している場合もあります。

ママ友との付き合いが始まったばかりの方は、

ママ友同士の会話などから

さりげなく中心となっているママ

誰なのか情報収集することも大切です。

そしてできることならそのママとは

関わらないようにすることが一番です。

 

もしも自分がいじめに合っているかもしれない

と感じたときもママ友の付き合いから

さりげなく情報収集しましょう。

そして自分に非があるなと感じたときは

潔く謝罪しましょう。

一方で、全く自分に非がない場合は、

気にしない、関わらないことが一番です。

 

どちらの場合も自分ひとりでは悩まず、

夫や信頼できる友人に相談してみてください。

客観的な意見が得られると思います。

スポンサードリンク

 

≪いじめに合わない対策方法を教えます!≫


誰でもトラブルはできるだけ避けたいですよね。

自分や子供を守るためにも

いじめに合わない対策をすることも大切です。

 

いじめの原因の一つに

嫉妬があると言いましたが、

嫉妬されないようにすることです。

たとえば、目立たない、

一定の距離を置くことです。

言動で目立たないことも大切ですが、

服装など身なりにも気を付けたほうがいいです。

 

また、ママ友と関わる時間も

長すぎないほうがよいでしょう。

一緒にいる時間が長ければ長いほど

さまざまな話題が繰り広げられ、

相手の気分を害する一言を

言ってしまう可能性が高くなります。

同じママ友間だけの付き合いだと、

自分の居場所がここしかないと、

いじめられてもしがみつこうとするなど、

自分の負担にもなります。

 

たくさんのママ友と関わることで、

本当に信頼できるママ友が見つかるかもしれません。

 

まとめ

ママ友とは子供のことだけではなく、

楽しいこと悲しいことなど

なんでも気兼ねなく話せる関係が理想的ですよね。

しかし、同じ年代の子供がいる

という共通点で集まった人たちであり、

性格の合わない人がいる可能性があります。

実際にいじめというトラブルがあるのも事実です。

 

適度な距離感を保ち、

ママ友との関係に悩んだときは

自分ひとりでは悩まず、

夫や信頼できる友人に相談してみてください。

ママ友同士のトラブルはいずれ、

子供同士の関係に影響を与える可能性があります。

ママ達の問題で子供たちを傷つけないよう、

できる対策はしていきたいですね。

スポンサードリンク

コメント