結婚式二次会に出席時の子供連れの注意点、服装や会費はどうする?

結婚式

親族以外の結婚式や二次会って、

子供連れの場合どうしたらいいのでしょう。

預けて行ければいいんだろうけど、

毎回そうもいかなかったり。

いろんな事情もあって連れて行くしかないとなると

どんな事に注意すればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

 

結婚式二次会に出席!これは嫌がられる!?子供連れの心得!


結婚式の二次会と言えば、

結婚式よりも羽目を外すというか、

カジュアルになりやすいパーティですよね。

開始からお酒が適度に入っている場合も多いです。

 

そんな中、子供がいるとなると、

嫌がる参加者も少なからずいることを

必ず想定しておいてください。

出来れば、新郎新婦から子連れの参加者がいることを

ゲストに事前に知らせておいてもらうと安心ですね。

 

子連れで二次会に参加するときの心得としては、

まず子供から目を離さない。

これは必須です。

披露宴のようにテーブル席に

座っての会ならいいですが、

立食パーティが多いでしょうし、

走り回られると困りますからね。

 

そして、周りへの配慮を忘れずに。

これも必須ですね。

ゲストが子連ればかりの会ならいいですが、

先ほども言った通り、嫌がる人も必ず一人はいます。

せっかく招待してくれた新郎新婦を

がっかりさせないためにも

周りに迷惑をかけるかも知れないという

配慮はしておいた方がいいでしょう。

 

そしてもう一つ。

嫌味にも耐える!です。

子連れで来たことを良く思わない人から、

何か嫌味を言われても笑顔でスルーしましょう。

ここで文句を言ってしまっては、

パーティが台無しになってしまいます。

とにかく、子供も一緒にその場を楽しみましょう。

 

結婚式二次会の子供の服装はどんなのがおすすめ?


結婚式から参列しているのであれば、

パーティドレスでもOKだと思います。

その場合は、落ち着いた色の羽織を着せて参加しましょう。

二次会からの参加の場合や、着替える場合は、

ドレッシーすぎず、普段着すぎない

程よいフォーマルを目指しましょう。

女の子ならワンピース

男の子ならジャケットなどがいいですね。

靴もローファーなどが無難だと思います。

 

ただ、子供にとっては

長時間のパーティになるでしょうから、

子供にとっても窮屈じゃない

動きやすい物を選んであげましょう。

使う機会の少ない洋服を買うのを

躊躇ってしまう場合は、

レンタルするのも一つの手ですよ!

スポンサードリンク

 

結婚式二次会の子供の会費はどうなるの?


会費については子供の年齢によっても

変わってきますが、

無料もしくは半額の場合が多いようです。

子供の年齢によっては、

料理も飲み物も飲めない場合もありますし

食べられたとしても、

少ししか食べない場合も多いですよね。

 

そのため、小学生までは無料、

中学生3割、高校生5割

予め決まっている場合もあるようです。
新郎新婦もなかなか

子供の会費を決めるのは難しいようですが、

ポイントは二次会を行うお店や会場が、

子供料金を設定しているかどうかです。

子供が参加しても支払う総額が

変わらないのであれば無料でもいいでしょうし、

子供料金が設定されているのであれば、

その分を支払ってもらうようにするでしょう。

なかなか確認し辛いですが、

やはりここは新郎新婦に確認してみるのが無難です。

 

まとめ

基本的に、結婚式の二次会などは

お酒が絡む席ですし、

夜に行われることが経験上多かったので、

その場合は子供を連れていくのは

ちょっと控えた方が良いかもしれません。

子供ウェルカムというような

アットホームな二次会もあるでしょうから

一概には言えませんが、

新郎新婦と相談してから子連れで参加するかどうかを

決める方が無難かもしれませんね。

 

もし、確認せずに子供を連れていこうと思っている方は、

二次会会場が子供厳禁のお店の場合もあるので、

締め出しを食らわない為にも、

確認しておいた方がいいですよ!

スポンサードリンク

コメント