ノロウィルスの症状が出た!赤ちゃんの発症期間や下痢の注意点。

病気

お母さんからの免疫が落ちてきた頃、

赤ちゃんはいろんな病気にかかりやすくなります。

その中でも注意しておきたいのが

ノロウィルスなどのウィルス性の感染症です。

特にノロウィルスは感染力が強いので、

小さな赤ちゃんにとっては

命にかかわる場合もあります。

お母さんがしっかり知識を付けて、

落ち着いて対処してあげることが大切です。

スポンサードリンク

 

ノロウィルスの症状が赤ちゃんに出てしまった!どうしたらいいの?


赤ちゃんがノロウィルスに

感染した疑いがある場合、

今赤ちゃんがどんな状況なのかを

まず把握しましょう。

ノロウィルスに感染すると、

まず突然の嘔吐から始まることが多く、

水っぽい下痢と嘔吐を繰り返すようになります。

初期症状が出た時点で

病院を受診しても、残念なことに

ノロウィルスへの特効薬はありません。

ですので、すぐに病院に連れて行かなければ!

と慌てず、落ち着いてください。

赤ちゃんは自分で症状を訴えることが出来ませんから

お母さんがしっかり

様子を見てあげることが重要になります。

 

ただ、12時間以上嘔吐が続いたり、

けいれんが起こったり、

腹痛や発熱を伴う事もあるので、

赤ちゃんがぐったりしていたり

顔色が悪い場合は、すぐに病院で診察を受けましょう。

 

ノロウィルスの症状が落ち着くのはいつ?発症期間が知りたい!


ノロウィルスの症状は

二段階で起こると言われています。

 

まず一段階目で嘔吐の症状が出てきます。

嘔吐の症状が3~6時間程度続き、

二段階目で下痢の症状が起こります。

下痢の症状は明確に

どれくらいで落ち着くという事は言えず、

数日たっても下痢の症状が治まらない場合は、

病院に相談することをおすすめします。

 

嘔吐が落ち着くまでは、

水分を摂らせようとしてもすぐ吐いてしまいます。

余計に胃に負担をかけてしまうかも知れないので、

水分は嘔吐が落ち着いてから

少量ずつ与えるようにしましょう。

離乳食の途中の場合は、

無理して固形物を与える必要はないので

しばらくお休みして

母乳やミルクを与えるといいでしょう。

スポンサードリンク

 

ノロウィルスの症状で下痢が続いている…。気を付けたい注意点。

ノロウィルスの症状で

赤ちゃんの下痢が続いている場合、

脱水症状に陥りやすいので注意が必要です。

下痢だけではなく嘔吐の症状がひどい場合は、

体力低下や脱水症状が心配です。

病院で点滴などの処置を受けた方が良いかもしれません。

嘔吐の症状がない場合は

病院で診察してもらった際に、

イオン飲料などでの水分補給が可能か聞いてみましょう。

イオン飲料は身体に

水分を吸収されやすいように作られているので、

脱水症状などが心配な場合にとても役立ちます。

また、赤ちゃんのオムツかぶれも気にしてあげましょう。

 

そして大事なことがもう一つ。

赤ちゃんの排泄物の処理にも注意してください。

嘔吐や下痢の症状は、

身体がウィルスを排出しようとしている反応です。

排泄物の中にもウィルスは沢山存在しています。

赤ちゃんの排泄物の処理をした後は

手洗いをしっかりすることや、

汚れた洋服や床などは

家庭用の塩素系漂白剤や

次亜塩素酸ナトリウムでの消毒

忘れずに行うようにしましょう。

 

まとめ

さっきまで元気だった

赤ちゃんが突然嘔吐したら、

初めてだとびっくりして慌ててしまいますよね。

苦しそうな赤ちゃんを見ていると、可哀想で

居ても立っても居られない気持ちになるのも、

とてもよく分かります。

 

ですが、赤ちゃんを守れるのはお母さんです!

落ち着いて対処していれば、

不安になる必要はありませんよ!

赤ちゃんが早く良くなるように、

一緒に頑張ってあげてください。

そして、次はノロウィルスにかからないように

ノロウィルスが流行り始める秋から冬にかけて

しっかり予防していきましょう。

スポンサードリンク

コメント