町内会の役員に推薦!?うまく辞退する3つのポイント!

町内会・自治会

出来ることならやりたくないのが

町内会や自治会の役員ですよね。

そんな役員に推薦されてしまったら、

一体どうすればいいのでしょうか。

今は役員をしている時間や

余裕がない場合、

辞退することはできるのでしょうか。

スポンサードリンク

 

町内会の役員の辞退って出来るの?しても大丈夫?


町内会の役員に推薦された場合、

辞退できるのか。

結論から言うと、

できない事もありません。

 

曖昧な言い方ですが、

辞退するという事は

それなりのリスクが伴います。

推薦されている以上、

今回何らかの理由が認められて

辞退できたとしても、

また同じように推薦されることは

目に見えています。

 

毎回同じ理由で辞退できないでしょうから、

いずれは役員の推薦を

受けざるを得なくなるかも知れない

という事を覚悟しておきましょう。

 

そして、あなたが辞退すると

別の方にお話が行くことになります。

あなたが辞退したことを知った時、

もしかすると確執

出来てしまうかも知れません。

よくお付き合いのある方なら、

フォローしておいた方がいいですね。

 

役員を辞退するときに気を付けるべきこと


役員を辞退するときに

気を付けるべきことは、

辞退の理由をどうするかです。

辞退理由として認められる内容は

限られていて、推薦されている以上、

自分には向いていないという理由も

通用しません。

 

では、どんな理由なら

辞退することが出来るのでしょうか。

まずは、引っ越しが決まっている場合や、

転勤の可能性がある場合です。

引っ越しの場合はさておき、

転勤の可能性がある場合は

今期のみの免除になるので

辞退理由にする場合は

注意しておきましょう。

 

次に、家族に介護を必要とする方がいる場合や、

自分や子どもに持病がある場合です。

これについては、介護の状況や

持病の種類などを

明確に伝える必要があるので

話したくない場合

ちょっと難しい理由になるかも知れません。

 

最後に、妊娠中や産後などの場合は、

それを理由に免除を受けることが

出来る場合があります。

 

これらの理由に当てはまらない場合は、

自分の現状ではできない事を

はっきり伝えるといいでしょう。

例えば、集会が19時以降だと

子どもが小さいので出られない事や

平日に集会がある場合は

仕事が夜間まであるので参加できないなど、

推薦者に判断を委ねる

というのも一つの手ですね。

スポンサードリンク

 

トラブルの可能性!?役員辞退で起きたトラブルの例


役員の辞退を申し出た時に、

辞退理由によっては

トラブルになる場合があります。

例えば、仕事を理由に辞退を申し出た時。

共働きだし、子どももいるし、

とてもじゃないけど町内会の役員なんて

やってる時間なんてない!!

そんな家庭は多いと思います。

 

気付きましたか?

そんな家庭は多いのです。

つまり、仕事を理由に辞退することは、

今ではとても難しくなっています。

専業主婦の人がやればいいじゃん!

なんて言ってしまったが最後、

専業主婦と兼業主婦の

終わらないバトルが勃発して、

ご近所付き合いも

ままならない状態になってしまう可能性も・・・。

 

覚えておかなければならない事は、

「みんなできればやりたくない」という事です。

「自分はダメだけど、

あの人ならできるんじゃない?」

っていう考えは、捨てた方が無難ですね。

 

まとめ

色々な理由で、現在の生活で

精いっぱいの人は沢山いると思います。

そんな中で、町内会の役員になってしまっては、

生活に支障が出てしまう場合もあると思います。

そんな時は、正直にその旨を

伝えてみてください。

無理して引き受けて、

心身共に疲れてしまっては元も子もありません。

 

ずっと同じ地域に住んでいると、

いつかは役員を引き受けなければ

ならない時が来るかもしれませんが、

引き受けられる状況になってからでも

遅くはないと思いますよ!

スポンサードリンク

コメント