知らなきゃ損する!はがきとa6の違いってあなたは説明できますか?

暮らし

さまざまある紙の大きさですが、

中でもA6サイズとはがき

この二つはよく似た大きさをしていますよね。

 

「A6って・・・どれぐらいの大きさ?サイズだっけ?」

なんて疑問や質問なんかもよく聞かれ、

その答えに対し

「A6は大体はがきサイズぐらいの大きさ」

というのが一番わかりやすく、

はがきはA6のサイズがわからない時の

例えの対象にされます。

まぁ、大体の大きさはそれで把握できますでしょう。

 

・・・ですが!

この二つ、似ているとして

違いというのは一体何なのでしょうか。

さて、あなたはこの二つの違いを知っていますか?

スポンサードリンク

 

そもそもA○サイズってどういうふうに決まっているの?


その前に少し、

紙のサイズについてお話しましょう。

紙のサイズというには

国内規格(JIS)と国際規格(ISO)が存在します。

A〇サイズ、A判というのは

国際規格(ISO)になります。

 

この国際規格(ISO)は、

19世紀のドイツの物理学者である

オズワルドが提唱した

「白銀比(縦:横=1:√2)」

というものに基づき作られた

「面積が1平方メートルのルート長方形」

をA0としたドイツの規格だったものです。

 

簡単にまとめると、

「白銀比」に基づいて作られた

「ルート長方形」というのは

半分に折り曲げても同じ形のままとなる長方形で、

メリットとしては

どの大きさに裁断した際にも

ロスがでないということです。

 

ちなみA判は1平方メートル

ルート長方形をA0とした国際規格(ISO)

B判は1.5平方メートル

ルート長方形をB0とした国内規格(JIS)です。

 

実は横幅だけ!はがきとA6サイズの大きさの違い教えます。


さて、ここではがきとA6サイズの

違いについて話を戻しましょう。

 

A6サイズというのは105×148mm。

それに対し、

はがきのサイズはというと100×148mm

そう、二つの違いは横幅5mmだけ!

と・・・、はがきと言っても

種類があるのをご存知ですね?

 

上記にあった100×148mmのはがき。

これは「官製はがき」と呼ばれる、

よくある懸賞や喪中欠礼など

何にでも使えるはがきになります。

年賀状なんかも官製はがきです。

それと、「私製はがき」

自分で作成したはがきであり、

官製はがきとは違い

切手を貼らなければならないはがきです。

よく売っている綺麗な写真や

可愛い絵のポストカードなどが

私製はがきだったりしますね。

 

その大きさは

横が90mm~107

縦が140mm~154mm

と定められたはがきで、

サイズの決まった

官製はがきとは違い

若干幅の違いがあるものになります。

 

こうした条件からすると、

A6はこの規定に収まっているので

A6サイズのはがき(私製はがき)

もあるということになります。

ただし、私製はがきというのは

色や重さ、条件などなど

他にも規定があるので、

もしA6の私製はがきを作成する

となった場合には

条件に合うようにしましょう。

スポンサードリンク

 

確認!プリントアウトするに気をつけるポイント


はがきとA6の

サイズの違いが分かったところで、

プリントアウトするとなったときに

気を付けるポイントについてです。

 

A6ははがきと幅が5mm違う

という事はわかりましたよね。

もしプリントするときには

大体同じはがきサイズを選ぶのではなく

用紙サイズ設定を変えるなどしましょう。

5mm程度でしたら多少のことですので

気にするほどではないでしょうが、

この二つのサイズの違いを知った今

しっかりとプリント、印刷をする時には

ぜひ設定をしっかりと変更してみましょう。

 

まとめ

A6とはがきの違い5mm!

たった5mmされど5mm!

違いを知ったことで

きっとなにかの役に立つことも

あるかもしれません。

スポンサードリンク

コメント