インフルエンザの検査のタイミングって?微熱、平熱の人も要注意?!

病気

毎年、寒い時期になると

大流行するのがインフルエンザですよね。

 

インフルエンザが猛威をふるっている時期に発熱したりすると、

「インフルエンザかな?」と不安になります。

でも、罹っているかどうかは

病院で検査を受けないと、分かりません。

 

しかし、検査を受けるタイミングをまちがえると、

正しい結果が出なかったり、

何度も病院に行くハメになったりします。

今回は、インフルエンザの検査を受ける

タイミングについてお話していきましょう。

スポンサードリンク

 

インフルエンザの検査を受けるタイミングはいつ?


インフルエンザの検査は、一般的に

「迅速診断キット」というものを使って行われます。

これは、鼻やのどから採った粘液の中にいる

インフルエンザウイルスの数を、15分程度の短時間で検出するものです。

そのウイルスの数によって「陰性」か「陽性」かを判断するので、

感染初期だとまだウイルスが少なく、

陰性の反応がでてしまうことがあります。

 

逆に、ウイルスの数が増えてピークを迎える頃

(だいたい感染してから2日以上ですが)に、

検査をすると、結果は正確ですが、

その頃にはすでに体調はかなり悪化していて、

抗インフルエンザ薬による症状緩和の機会も逃してしまいます。

 

この事をふまえると、検査を受けるタイミングとしては、

インフルエンザを発症して(発熱して)から

12~24時間が経過してから

が、一番ベスト、と言われています。

また、インフルエンザの症状を抑える薬は、

発症してから48時間以内に服用する事で効果が出るものなので、

「48時間以内に」ということも付け加えておきましょう。

スポンサードリンク

 

インフルエンザかもしれない?検査をしたいけど、微熱ってどうなの?


インフルエンザといえば、

高熱のイメージがありますが、

そうじゃない場合もあります。

 

微熱程度や、症状が軽い場合でも

インフルエンザを発症している事はあります。

例えば、予防接種を受けていた場合には、

感染したとしても、症状が軽く済む事があります。

風邪薬や解熱剤を飲んだ場合も、

同じく症状が出にくい状態になります。

インフルエンザの型によっては、

高熱が出ない場合もあります。

 

なので、微熱だとしてもそれが続く場合や、

体調が悪いという事が続くようなら、

一度病院を受診し、検査をしてもらいましょう。

発症から時間が経ち過ぎると、

インフルエンザかどうか判定が出来ないこともあります。

特に、ご家族に小さなお子さんや

高齢者がおられる場合は、うつしてしまうと大変ですから、

早めに受診することをおススメします。

 

ただ、インフルエンザの検査は、

原則1回、というのが、厚生労働省の方針のようですので、

2回目以降は、自費での取り扱いになることもあり得ます。

あらかじめ、注意しておいてくださいね。

インフルエンザの検査は平熱でもできるの?


結論から言うと、検査はもちろん出来ます。

「もう下がっちゃったけど、気になる」とか

「熱は出てないけど、周りでインフルが出てるので」など、

理由を伝えれば、高熱や関節痛などの症状が出ていなくても

検査はしてもらえるハズです。

私も実際、確認のために検査を受けた事があります。

 

ただし、流行のピーク時にキットが不足していたり、

そのシーズンで2回目以降だったりすると、

重篤な患者さんに使用する分を確保しておくために、

お断りされることもあるにはあるかもしれません。

念のため、電話で確認しておくと良いかもしれませんね。

 

まとめ

さて、いかがでしたか?

インフルエンザの検査について、

参考になりましたでしょうか。

最後に付け加えておくと、

インフルエンザを薬で治す事は出来ません。

 

インフルエンザの診断が出た時に、

病院で処方されるのは「抗インフルエンザウイルス薬」で、

ウイルスが増えるのを防ぐお薬なので、

ウイルスを死滅させたり、治すことはできないのです。

なので、インフルエンザウイルスを撃退する方法は、

「免疫力」なんです。

インフルエンザは、免疫力を上げるために、

十分な休養・栄養補給を行えば自然に治るのが一般的です。

高熱でなくとも無理をせず、

ゆっくりと休んでしっかり治しましょうね。

スポンサードリンク

コメント