文化祭の出し物で人気&アイデアはこれだ!!食べ物編

行事

文化祭と言えば、学生時代の一大イベントのひとつ!

個人的には運動音痴のため、

体育祭より文化祭の方が楽しみだったのを覚えています。

いろんな出し物がある中で、

やはり一度はやってみたいのが模擬店ではないでしょうか。

今日は、文化祭の出し物の中でも、

「食べ物」に絞って、さまざまなアイデアや

情報をご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

食べ物の出し物で人気なものはなに?

  • たこ焼き

やっぱり定番はコレではないでしょうか。

中に入れる具でいろいろアレンジできるのも楽しいですね♪

 

  • 焼きそば

こちらも定番。

ソースのにおいと、鉄板のジュージューという音だけで、

呼び込みをしなくてもお客さんが集まってくれそうです。

個人的には目玉焼きが乗っていたりすると、さらに嬉しいです。

 

  • フライドポテト

子どもから大人まで、間違いなく売れるメニューですね。

味もアレンジがききますし、

オリジナリティが出せるのも良いですね。

歩きながらでも食べやすいです。

 

  • フランクフルト

こちらも食べ歩きには最適です!

値段もお手頃ですし、調理も焼くだけで

カンタンなので初めてでも安心です。

業務用スーパーなどで大量に買うと、

意外と安く仕入れられますよ。

 

  • カレーライス

軽食ばかりでは物足りない

という学生さんをターゲットにしたご飯ものも人気!

大量に作るカレーは絶品ですし、

外で食べるのがまたおいしい!

文化祭は、学校によって開催時期がさまざまですが、

カレーなら、暑い時期でも肌寒くなってきた時期でも、

安定して売れそうです。

 

  • かき氷

スイーツの中では定番ですね。

氷とシロップだけでできちゃいます。

ただ、時期が遅めの開催だと、

肌寒くて売れませんのでご注意を。

まだ暑い時期に開催される場合には

とってもおススメです。

 

文化祭には珍しい食べ物の出し物はなに?


定番じゃ物足りない!という方に、

珍しいメニューのアイデアをご紹介しましょう!

 

  • 揚げパン

揚げパンを知っている世代にはもちろん、

知らない世代にも、きっと売れるはず!

食べ歩きにも最適です。

きなこ味やチョコ味など、

アレンジしても楽しそうですね。

 

  • いももち

北海道名物です。

ゆがいてつぶしたジャガイモに

片栗粉をまぜて、焼くだけなのでカンタン!

チーズなどをトッピングしたり、たれをかけたりすれば、

アレンジもききますし、タネは事前に作って

冷凍しておけるので、当日は半解凍の状態で、

鉄板で焼くだけなのでお手軽ですよ。

もちろん、食べ歩きにもバッチリです。

おススメのレシピをご紹介しておきますので、

参考にしてみてくださいね。

レシピ検索No.1/料理レシピ載せるなら クックパッド
日本最大の料理レシピサービス。294万品を超えるレシピ、作り方を検索できる。家庭の主婦が実際につくった簡単実用レシピが多い。利用者は6000万人。自分のレシピを公開することもできる。

 

  • クリームシチュー

少し肌寒くなってきた季節に開催される文化祭なら、

シチューはどうでしょうか?

カレー同様、煮込み系なので

準備もしやすいと思います。

揚げ物や焼き物が多い中で、

目先が変わって良いのではないでしょうか。

 

  • 餃子の皮で、ミニミニピザ

餃子の皮に、ピザソース、チーズ、

ウインナーなどを載せて焼くだけ!

ちょうど良いボリュームで、

見た目も可愛らしいのでおススメです。

スポンサードリンク

 

文化祭の出し物で利益が出やすい食べ物とは?


 「利益が出やすい」というのは、

原価が安くて、たくさん売れる見込みがあるものです。

そのふたつをクリアしているものの中でも、

特におススメしたいものを紹介します!

 

  • 粉もの

定番のたこ焼きやスイーツ系ですね。

ただ、クレープやワッフルなどはやっぱり練習が必要!

慣れないと上手に素早く作るのはなかなか難しい・・

個人的には、たこ焼きがいちばん無難かなぁと思います。

 

  • 綿あめ

ご存知の通り、材料は砂糖のみ!

綿あめ機をレンタルしても、けっこうな利益が出ますよ!

食紅などをつかって色づけしたり、

ケーキの飾りなどに使うアラザン(銀色のちっちゃなツブツブ)で

デコレーションしたりすると、女の子は喜びそう!

 

  • フライドポテト

業務用のスーパーなどで冷凍のものを大量に買うと、

原価はかなりおさえられますし、

ポテトは定番なのでそれなりの値段でも売れます。

油で揚げなくても、多めの油を引いた鉄板で

炒めるようにしても調理できますよ。

あとは、容器を工夫して手作りするなど

安く用意できればバッチリです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

全体としては、歩きながらでも食べやすい工夫を、

メニューは開催される時期に合わせたものを、

というところがポイントかな、と思いました。

定番で堅実にいくも良し。

珍しいメニューでチャレンジしてみるも良し。

最後になりましたが、衛生面には充分注意して、

思い出に残る最高の一日となるよう願っています!

スポンサードリンク

コメント