無事、生後1カ月経過!でも、この体重って増えすぎなの?

暮らし

やっと会えたかわいい赤ちゃん。

驚くほど日に日に成長していきます。

産まれたばかりはプクッとした頬っぺた

たまらなくかわいいいですよね。

でも、「新生児なのに回りの赤ちゃんよりプクプクしすぎてる?」

なんて感じたことはないですか?

 

そんな心配のあるお母さんに、

生後一カ月の赤ちゃんの体重についてここにまとめてみました!

スポンサードリンク

 

産後1カ月検診でびっくり!?うちの子、大丈夫?


出産後の一カ月検診はどきどきしながら迎えると思います。

「どのくらい大きくなったかな?どこにも問題はないかな?」

と考えながら病院へ行く事でしょうね。

検診の時には、同じ一カ月検診に来ている方がたくさんいます。

「あら?他の子と比べるとうちの子は大きすぎるかな~」

と急に不安になることもあります。

先生から「体重が増えすぎ」と言われると

もうなんだかショックですよね。

 

自分の子の体重が標準かどうか、

家でも調べることが出来るんですよ。

母子手帳に成長曲線というものがあります。

子供と記載されている数値を比べて判断することができるのです。

全国の乳児の身長と体重を男女別に集計したもの

グラフにしたものなんですよ!

 

赤ちゃんは産まれた時から1カ月で

700gから1㎏増えます。これが標準です。

これ以上の1.5kg~2㎏以上増えていると、

太りすぎと言われる場合があります。

しかし、赤ちゃんは体重だけでなく

身長も伸びるのであまり深刻にはされないようですよ。

 

完全母乳・ミルク・混合栄養。対策方法は違うの?


赤ちゃんの体重が増えるのには

原因の一つにミルクがあります。

完全母乳の人、ミルクだけの人、

母乳と足りない分をミルクであげる混合栄養の人。

どの飲ませ方がいいのでしょうね・・

赤ちゃんはたくさんミルクを飲みたがります。

でも、ミルクは母乳に比べると太りやすいそうですよ。

 

母乳とミルクを比べてみましょう。

 

母乳は栄養摂取をコントロールをしてくれます。

赤ちゃんが必要な分だけ飲んだら、

満足に必要な物質を分泌してくれるので

肥満になることはありません。

赤ちゃんがほしがるだけあげてもいいのが母乳です。

 

母乳は低たんぱくで高脂質ですが、

消化吸収がとてもいいんですよ。

飲んだら2時間くらいで消化します。

ミルクは逆で、高たんぱくで低脂肪

消化吸収に時間がかかるので

たくさん飲んでもなかなか満足できません。

なので、ついついたくさん飲ませすぎてしまうんですね。

最近のミルクはかなり母乳に近いものもあるので、

ミルクだから太った!ということはあまりないそうです。

母乳とミルクは違うのですから飲ませる量を調節してあげましょうね。

 

母乳はなるべく一度でしっかり飲ませるのもポイントです!

お腹が満足すれば次の授乳まで時間が空くので

飲む量も少し押さえられますよ。

 

母乳だけじゃ足りないかと思って

ミルクを足して飲ませるのが混合栄養です。

赤ちゃんが太りすぎなるということは

ミルクが多いのではないでしょうか。

ミルクを足しても体重が普通なら

母乳の量が少ないのでしょう。

でも体重が増えるということは

ミルクを足さなくても母乳で足りているのかもしれませんね。

 

授乳前と後の体重を測ると分かりますよ。

赤ちゃんは口にくわえるとなんでも飲もうとしてしまいます。

母乳とミルクを飲んだ後に吐くことがあったら

ミルクの足し過ぎです。

 

自分の子にはどんな飲ませ方がいいのか

しっかり先生と相談して育てていきましょうね。

スポンサードリンク

 

なんで泣くの?授乳以外の対処法は?


「赤ちゃんは泣くのが仕事」

と聞いたことありませんか?

でも、新米ママにはなんで泣くのか分からず

焦るばかりですよね。

赤ちゃんが一日になんども泣くことがあるのは

ちゃんと理由があります。

赤ちゃんが泣き止まない原因と対処法を知っておくといいですよ!

 

・お腹がすいている。

授乳は3時間おきが基本です。

しかし授乳が足りていないと

空腹を感じてしまいぐずったり泣いたりします。

おっぱいをあげたりミルクの量を増やしたりして

調節してあげましょう。

 

・眠れない。

赤ちゃんは寝る姿勢が悪いと泣いてしまいます。

寝かせる時には苦しそうではないか、

厚着をさせすぎてないか等をチェックしましょうね。

背中をトントンしながら子守歌を唄ってあげたり、

マッサージをするのも効果がありそうです。

習慣づけることが大事ですよ。

 

・おむつの中が汚れている。

授乳をするたびにおむつが汚れていないかチェックしましょう。

赤ちゃんはちょっと汚れているだけでも

不快に感じて泣くことがあります。

肌トラブルの対処も

皮膚科でしっかりしてもらいましょうね。

 

・体調が悪い。

いつもと泣き方が違う時は

すぐに熱やお腹等全身を見てあげましょう。

そして落ち着いたら受診しに行くのが一番です。

 

・寂しい。

赤ちゃんはお母さんがいないと

寂しくて泣くことがあります。

お母さん以外に抱っこされても泣くことも。

手が離せない時は声を常にかけてあげたり

お気に入りのおもちゃで気を引いたりしましょう。

できれば家事より抱っこですよ!

 

まとめ

始めての子育ては分からないことだらけです。

赤ちゃんの体重が増えすぎると不安になるともいますが、

検診の時にアドバイスをしてくれるので大丈夫ですよ。

赤ちゃんがハイハイをするようになって動くようになると、

また体重の増え方も変わってきます。

あまり深刻にならずに楽しんで

子育てをがんばってくださいね!

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメント