移動に便利な自転車!子供乗せで、後ろに乗れるのは何歳から?

暮らし

赤ちゃんがすくすく大きくなって、外出の機会が増えてくると、

移動手段として身近なのが、自転車ですよね。

だけど、いったい何歳からだと

安全に乗せる事ができるのでしょうか?

決まりはあるの?

みんなどうしてる?

という事で、今日は自転車デビューについて調べていきましょう!

スポンサードリンク

 

世のパパ、ママは何歳から子供を後ろにのせてる?その年齢トップ3!


一般的には、何歳から後ろのせデビューした人が多いのでしょうか。

世の中の声を見てみると、

デビューの年齢はさまざまですが、

一般的なメーカーの規定である

「2歳を過ぎてから」が、いちばん多かったです。

 

続いて、2歳だとまだ不安、

幼稚園に通いだすタイミングで、

という理由で「3歳」でのデビューが第2位に。

 

少数派だけど、

「おとなしいし、大きめの子で、

ひとり座りも安定していたので」

という理由で、

「1歳半ぐらい」という方もちらほら、

という感じですね。

 

正しいのは?後ろのせのできる年齢は、何歳から?


まず、自転車に乗せられる年齢の上限は、

法律で決まっているんです。

 

道路交通法で、安全基準を満たした自転車なら、

6歳未満の幼児を前と後ろの座席に乗せて

2~3人乗りする事が認められています。

 

では、何歳から可能か、というと、

メーカーにもよりますが、

2歳から、となっているものがほとんどだそう。

 

1歳からOKとなっているメーカーも中にはあるそうですが、

実際は体格が大きめでおとなしい子じゃないと、難しいと思います。

 

後ろは親の目が届かないので、

2歳はすぎないと危険

というのが、一般的です。

自転車屋さんの店員さんも、

そうアドバイスされる方が多いようです。

 

ただ、寝てしまってぐらぐらしたり、

ぐずって暴れたりするとほんとに危ないので、

年齢だけで判断せずに、

言い聞かせたことがある程度わかるようになる

「○○してね」「ちょっと待っててね」

が通じるようになってから、

がデビューできる目安でしょうか。

 

自転車での移動がどうしても必要なら、

1歳前後でお座りが安定している、

というぐらいの段階であれば、

後ろではなく、様子が見られて、

すぐに対応できる前乗せに乗せるのが安心です。

 

スポンサードリンク

 

安全重視!後ろのせにオススメのチャイルドシートとは?


まず、自転車についてです。

チャイルドシートはどんな自転車にでも取り付け出来る

というわけではないんです。

結論から言いますと、普通の自転車よりも

価格は高めになりますが、

子供乗せ専用の自転車を購入する事をおススメします。

 

なぜかというと、基準を満たしていない自転車に

チャイルドシートを取り付けた場合、

チャイルドシート本体やお子さんの体重を支えきれなかったり、

走行が不安定だったりすることもあるからです。

やはりここは、機能性・安全性を優先したいところですね。

 

自転車の安全基準マークには、

「BAAマーク」「SGマーク」

などがありますが、

まずは「BAAマーク」が付いているものを選べば安心です。

 

きちんと安全基準を満たしている自転車は、

最大積載量が決まっていて、

耐荷重18kgまでのものには、

チャイルドシートの取り付けは禁止されています。

 

それより上の25kg、27kg、27kg以上のものであれば、

チャイルドシートを取り付ける事ができます。

この耐荷重というのは、

「チャイルドシート本体の重さ+子どもの体重」

の事ですので、ご注意を。

 

次に、チャイルドシート本体を選ぶときに

気をつけたいポイントをご紹介しておきましょう。

 

  • 座席ベルトがついている
  • 足の巻き込みを防ぐためのフットレストがついている
  • ハイバックのものだと、眠ってしまっても安心

 

輸入物などでおしゃれな商品もたくさんありますが、

まずは安全性が第一!

取り付けや耐荷重についてなど、

必ずお店の方と相談して、

安全で丈夫なものを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

 いかがでしたか?

街でよく目にする子供乗せ自転車ですが、

安全面で気をつけたいポイントがたくさんありました。

 

チャイルドシートはもちろん、自転車自体の安全基準にも、

注意して、しっかり選びたいですね。

また、年齢だけでなく

いろんな面での安全を考えたうえで、

自転車デビューを迎えましょう!

スポンサードリンク

コメント