やった!本命の会社の就職内定!でも..他の内定を辞退するには?

暮らし

大変な就職活動を乗り切り、苦労して手にした内定!

ですが、嬉しい事に複数の会社から内定をもらうと、

本命以外の会社は辞退しなければいけませんよね。

だけど、せっかく頂いた内定を辞退するのは

なかなか気づまりなものです。

 

トラブルにならないか、なども気になります。

そこで今日は、誠意が伝わる辞退の方法について、

わかりやすくご紹介しましょう。

スポンサードリンク

 

みんなの就活事情!何社くらい受けてるの?


そもそも、実際にどれぐらいの会社を受けるのが一般的なんでしょう。

調べてみたところ、平均は30社前後~50社、

とのデータがありました。

ただ、これは面接までこぎつけた数ではなく、

エントリーも含めた数です。

 

実際に面接を受けた数、

となると、平均14社ほどでした。

ちなみに、その中で内定をもらえたのは1社だけ、

という人が半数以上だそうです。

就活事情は厳しいんですね・・・

 

本命+複数受かった時の心情トップ3!


そんな厳しい状況で、

本命プラス他社から内定をもらえた人たちは、

どんな気持ちなんでしょう。

まとめてみました。

 

「結果が出せてホッとした」

「辞退の連絡をするのは気が重い」

「いざとなるとどの企業に決めるか悩んでしまう」

一番多かったのはこの3つでした。

当然、ほっとした、安心した、

というのが真っ先に出る本音です。

ただ、複数社受かった事で、必ず

「辞退」という厄介な仕事が発生してしまうのも事実。

それが憂鬱だ、という人はとっても多いんです。

社会人として、いきなりはじめての謝罪経験になるんですから

そりゃあ気が重いですよね。

 

今日の本題である、辞退の方法については、

次のテーマで詳しくお話するとして・・・

他に、実際、企業に出向いて面接を受けてみると、

本命以外の企業にも魅力を感じるところがあった、

逆に本命の企業に少しズレを感じた、

などの理由で迷ってしまう人もいました。

スポンサードリンク

 

やっぱり本命に行きたい!失礼のない辞退の方法とは!?


さて、本題です。

辞退する時の連絡方法について、

電話、メールや手紙などいろいろありますが、

やはり電話がベストです。

なぜかというと、

「迅速に確実に伝わり、直接の謝罪が出来る」からです。

要するに、辞退することによって

先方にかける迷惑を出来るだけ軽減する事、

誠意を持って丁寧に謝罪の気持ちを伝える事、

が一番大切なんです。

 

では、具体的にはどのように伝えればよいのでしょうか。

会話のポイントをあげてみましょう。

 

  • 前置きがだらだら長くならないように簡潔に

切り出しづらい内容なので、

前置きが長くなってしまいがちですが、

先方は忙しい業務時間内をぬって、対応してくださっています。

なかなか本題に入らないと、

相手をイライラさせてしまったり、

不快な思いを抱かせたりするだけです。

丁寧に、かつスムーズに辞退の意志を伝えられるよう心がけましょう。

 

  • 内定を頂いたことについてのお礼を伝える

結果、辞退する事になったとしても、せっかく頂いた内定です。

その事に対するお礼はしっかりと伝えましょう。

 

  • 辞退の理由は、聞かれなかったら言わなくても良い

聞いてもいないのに、他社を選んだ理由を伝えられても、

先方もいい気はしないですよね。

なので、基本的には

「検討させて頂いた結果、勝手ながら

辞退させていただきたく、ご連絡差し上げました。」

というように、具体的な理由は伏せた言い回しが無難かと思います。

それでも中には、今後の採用に活かしたい、

という観点から、理由について詳しく聞かれる企業もあります。

そういう場合は、失礼のないようきちんと理由を伝えましょう。

先方の会社を批判するような余計な事は言わず、

「職種」「業界」「適性」を理由に断ると、角が立ちません。

 

  • 電話の最後に重ねて謝罪の言葉を伝える

選考や面接に時間を割いて頂いた事、

辞退する事によって、迷惑をかけてしまった事について、

丁寧に謝罪しましょう。

 

まとめ

内定の辞退は、しかたのない事で就活にはつきものです。

ただ、大切なのは、先方に失礼のないように

誠意を持って自分の意志を伝えること。

 

辞退した企業と、後々どこで関わる事になるかわかりません。

ビジネスパートナーになる可能性だってあります。

社会人として誠実に対応し、気持ちよく新生活を迎えましょうね!

スポンサードリンク

コメント