使い方に注意!ニキビ跡の赤みに正しいオロナインの使い方とは!?

暮らし

常備薬として、必ず家にある、

という方も多いのではないでしょうか。

今日は「オロナイン」とニキビのお話です。

パッケージの効能・効果のところには、

たしかに「にきび」と書かれているけど、

実際の効果はどんなものなんでしょう?

ニキビ跡には効くのでしょうか?

早速、いろいろ調べていきましょう!

スポンサードリンク

 

オロナインとはどのようなものなの?

オロナインの公式サイトによると、効能・効果は、

にきび、吹き出物、はたけ、やけど(軽いもの)、などなど、

と書かれています。

パッケージには「皮膚疾患・外傷治療薬」と書かれていますね。

白くてかための軟膏には、

クロルヘキシジングルコン酸塩液という成分が配合されており、

ステロイドは入っていない、とのこと。

「クロルヘキシジングルコン酸塩液」というのは、

殺菌効果のある成分ですが、皮膚に対しては低刺激で、

臭いも少ないという優れものなんです。

なので、炎症が悪化して傷が化膿したりするのを防いでくれるんですね。

 

赤みのあるニキビ跡にオロナインは効くの?


結論から言うと、オロナインはニキビ治療薬ではなく、

殺菌作用のある軟膏なので、あくまでも、ニキビが炎症をおこして、

さらに悪化するのを防ぐ目的で使うのが正しいのです。

出来始めのニキビがひどくなるのをおさえてくれたり、ですね。

なので、すでに炎症がひどくなっている場合や、

炎症の症状はないニキビ跡に使っても、

これといった効果はないということになります。

 

そもそも、ニキビ跡の赤みの原因は何なんでしょう?

原因は、大きく分けて2つあります。

  • 毛細血管が増えるから

毛穴がつまってニキビができると、炎症を起こし、

毛穴の奥にある細胞が壊されてしまいます。

そうすると、傷ついた肌を治そうとして集中的に毛細血管が増え、

ニキビの跡が赤くなって見えるのです。

  • 色素沈着

肌の奥の方まで炎症がすすむと、血管がダメージを受けてしまい、

周りの組織に血液が流れ出てしまいます。

この血液が変色し、色素沈着となってあらわれるのです。

 

という事は、炎症が起きているわけではないので、

オロナインでは効果がでないのでしょうか。

しかし、もう少し調べてみたところ、

効果が出た、という例も見つかりました。

それは、オロナインは「乾燥を防いでくれる」効能もある、という事。

赤いニキビ跡はとっても乾燥している状態なので、

オロナインに含まれているオリーブ油やワセリン、

グリセリンなどの保湿成分が、ニキビ跡を乾燥から守ってくれる事で、

赤みが増すのを防いでくれる、という効果があるのです。

実は、一般的な殺菌作用のあるニキビ用の薬は、

肌を乾燥させてしまう事が多いのです。

殺菌作用もあって、保湿もしてくれる、というのが、

オロナインの大きな特徴であると言えると思います。

スポンサードリンク

 

効果的なオロナインの使い方や注意点とは?


というわけで、オロナインは、その特徴や他のニキビ薬との違いを

理解したうえで上手に使うと、良い効果を発揮する、という事。

ポイントとしては、

殺菌成分が含まれているので、皮脂がつまって発生した

アクネ菌を殺菌してくれたり、炎症をおさえてくれる。

保湿成分が含まれているので、

乾燥を防いでニキビ跡の赤みをおさえてくれる効果もあるが、

逆にオイリー肌が原因でニキビが出ている場合は、

悪化してしまう可能性もある。

というところでしょうか。

 

ニキビって、皮脂の分泌が多すぎたり、オイリーであることが原因だ

と思い込んでしまいがちですが、実は乾燥が原因ってことも意外と多いんですよ。

この場合、保湿をしっかりせず、

乾燥させるようなケアばかり行ってしまって、

知らないうちに悪循環におちいってしまっている場合もあります。

これは個人的な経験でもありますが、

乾燥が原因のひとつであるニキビには、

オロナインはとっても効いてくれます。

なので、洗顔のあとにニキビ予防をかねた保湿クリームとして、

顔全体に薄くのばす、という使い方もおススメ!

ただし、相性もあるので、全体に使う前に、

部分的に塗ってパッチテストを行ってからにしましょうね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こうやって調べてみると、身近な医薬品でもとっても奥が深い!

効能や効果をきちんと知った上で、上手に使うと良いですね。

 

スポンサードリンク

コメント