結婚式の記念品を両親に渡す時のしは必要!選び方や表書きは?

結婚式

結婚式の披露宴で両親へ記念品のプレゼントをしようという時

『のし』の扱い方に迷ったことはありませんか?

 

そもそものしって?

のしやのし紙をつけていいの?

のしの表書きはどのようにするの?

 

などなど、、、誰もが初めての経験で

このようなことで迷い悩ませることありますよね。

そこで今回は、新郎新婦がまごころ込めたプレゼントを

周りの人たちも納得するのしの取り扱い方について紹介したいと思います。

 

両親への記念品の表書きはどのようにすればいいの?

もともと贈物に目録をつけて2つで一つとして贈るしきたりがあり、

これが簡略化されてのし紙に今でいう『表書き』を書くようになりました。

 

結婚式で両親に贈る贈呈品には

『寿』のほかに『感謝』や『記念品』があります。

 

今では『子育て優秀賞』や『ありがとう賞』などの

変わり言葉も出てきていますが、

ここでは目上の人に贈る表書きなので、

あまり失礼のない言葉を選びましょう。

 

名前は新郎が右側に、新婦が左側が正式な順序です。

姓または姓名を入れます。

入籍が終わっていれば新郎の姓名の上に名字を入たりします。

 

筆記具は毛筆で縦書で書くことが礼儀で、

マジックやボールペンなどは避けて下さい。

書くことに自信がなければプリンターで印刷してもよいでしょう。

 

両親に渡す時ののし紙の選び方と包装の仕方とは?


結婚式に用いるのしは、結切と言って

よく見ると簡単にほどくことができないようにしっかり結ばれています。

この場合、『何度も喜びをあらわしたくない』表現となり

固い気持ちがこもっているお祝いの水引になります。

 

:10本水引と熨斗付き

結婚式の水引はこの結切の水引10本の紅白を使用します。

固く結ばれたお二人の意志を表現していて、

簡単にほどけない意味が込められています。

紅白の赤白10本の水引で固く結ばれたこの様式は、

結婚祝いや結婚内祝いで多く使われています。

 

間違われるのは、水引の本数が5、7本を使うことがありますので

よく注意してくださいね。

 

:『外のし』

のし紙のつき方には内のしと、外のしがあります。

内のしは控えめに相手に贈る時に用います。

内祝いや宅急便で送る場合に包装する前にのし紙を付けます。

外のしは贈り物を強調するイメージをもちますので、

記念品や賞品などの直接手渡しする時に用います。

 

結婚式での両親へのプレゼントには外のしで、

奉書に水引と熨斗鮑をつけて

表書きを書き手渡すのが最高の礼儀になします。

スポンサーリンク

知識として、のし紙の由来や意味は何?

昔、『あわびのし』といって

アワビを熨して乾燥させて保存食としていました。

秦の始皇帝が家来に、不老長寿の薬を探すように命じて、

その薬がアワビだったところから、

長寿の象徴としてお祝いには欠かせないものになりました。

昔はお祝いがあると、

このアワビとお酒を持参してお祝いを催していました。

今もアワビは高価ですが、昔も大変高価なものでした。

 

今では形だけとなっている、のし紙の右上にある

六角形に折った折り紙のことを言います。

のし紙やのし袋は、いまでは簡略化していて

印刷にされているのが多いですが、

本来は奉書紙に水引と熨斗アワビを飾り付けたもの

『熨斗』として使われていました。

 

 

 

まとめ

 

披露宴での最後のイベントで両親へ新郎新婦が花束や

記念品を贈るシーンをよく見かけると思います。

まごころこもったプレゼントは色々ありますが、

いざ記念品を決めてもどのように贈呈していいか

マナーが分からないことも事実です。

このようなかしこまったことは初めての経験!

しかし、これから家族を持つ新郎新婦には

是非大人のマナーとして覚えておいてください。

 

スポンサーリンク

コメント